無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

第7話
京本大我
実は俺、病気で余命宣告されてて余命あと3か月なんだ。
道枝駿佑
え…
高橋恭平
それってあなた知ってるん?
京本大我
言わないでおこうと思ってる。
道枝駿佑
でも…
高橋恭平
それは言わなあかんのちゃう?
京本大我
言ったからって俺の病気が治るわけでも、あなたが喜ぶ訳でも無いのに言う必要なんてない。
高橋恭平
……ゴメン俺、今日は俺帰るわ。あなたには言わないから安心して。
京本大我
ゴメン。急にこんな事言って。
道枝駿佑
良いよ。これからなんかあったらすぐ言ってな?
京本大我
うん。ありがとう
高橋恭平
じゃあまた。











side恭平
あの後俺なりに色々考えた。でも答えは分からなかった。
 俺はどうしたら正解なんだ…大我はあなたの事を考えてああ言ってるけど、もし大我に何かあったらあなたはもっと傷つくんじゃ無いのか?俺は…俺はどうしたら良いんだよ…





























_