無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

第13話
家🏠
あなた

だたいま…

母
おかえり!ご飯できてるわよ!
あなた

ごめん今日いらない…

母
何かあったの?
あなた

ううん大丈夫。

母
あらそう?
あなた

部屋行くね。

あなたside
さっきからスマホの写真を見返してたら楽しそうに笑ってる大我とか、4人で遊んだときの写真とか、楽しい思い出ばっかりよみがえってきて。あの時どうして好きだ。って言わなかったのかな。とか、チャンスあったのにな。とか、後悔もたくさん溢れてきて、私は気づいてないうちに大粒の涙を流していた。
あなた

会いたいよ…大我。

その時スマホに通知が来た。
あなた

ん?

LINE
高橋恭平
あなた大丈夫?
高橋恭平
あのさ、
高橋恭平
俺、あなたの事ずっと好きやった。大我の事忘れられんかもしれんけど俺と付き合って欲しい。
あなた

本気?

高橋恭平
うん。
あなた

…大我の事忘れられないと思うけど。こんな私で良ければよろしくお願いします。

高橋恭平
まじ?めっちゃ嬉しい✨
あなた

___________________________
作者♪
作者♪
もうすぐラストです!