無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

第12話
高橋恭平
大我はもうこの世にはいいひんねん。
あなた

え?ない言ってるん

高橋恭平
大我は、死んだんよ。
あなた

え…

あなたside
恭平が何を言ってるのか私には理解ができなかった。大我が死んだ?え…どう言う事?
あなた

恭平どうしたん?頭打った?笑

道枝駿佑
恭平が言ってることはホンマやで。あなた、大我は病気で余命も少なかったねん。
あなた

どうして…どうして私には言ってくれへんかったん!?

高橋恭平
大我があなたには言わんといて。って…
道枝駿佑
大我はあなたが悲しむの見たなかったんよ。
高橋恭平
これ、大我からあなたにって…
あなた

手紙と"赤い薔薇"?







あなたへ
余命の事言わなくてごめん。心配かけたくなかったから…そうだ、俺が前に渡した12本の赤い薔薇の花言葉知ってる?


"私と付き合って下さい"






気づいてなかったかもだけど俺はあなたの事がずっと好きでした。今まで色々迷惑かけたりしたよね笑毎日楽しかったよ。あ、この手紙と一緒に渡した"25本の薔薇"の花言葉は、


"貴方の幸せを祈っています"

だよ!絶対幸せになってよ?ならなかったら呪うかも笑て事でまたどこかで会えたら良いね。今まで本当にありがとう!恭平の気持ちにも気づいてあげなよ?じゃあね!





大我より
あなた

(´இ□இ`。)°

あなた

大我…

あなた

やだよ…私からなんにも気持ち伝えられなかったじゃん…

道枝駿佑
あなた…
高橋恭平
あなた…
あなた

恭平も駿佑も辛かったよね。ありがとう。私今日は帰るね。

________________________