無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

25
あなた
あなた
くるみパンさんからです
涼太
涼太
はい!
あなた
あなた
友達と恋愛の話をしていたんですが
あなた
あなた
キュンとする時の仕草の話で盛り上がりました
あなた
あなた
GENEの皆さんは好きな仕草はありますか?
涼太
涼太
おー
隼
なるほど
隼
もう僕はセミロングだったら誰でも
涼太
涼太
笑笑
あなた
あなた
笑笑
隼
あなたちゃんは?
あなた
あなた
私はさり気無い萌え袖にキュンとしますね笑
涼太
涼太
結構個人差出るよね笑笑
あなた
あなた
確かに笑
あなた
あなた
涼太くんは?
涼太
涼太
僕は
涼太
涼太
髪をかき分けた時ですね
隼
なるほどね笑
あなた
あなた
なんかセクシーだね笑
隼
うんうん笑








なんやかんやで終わりました笑















☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
その日は家に帰ってゆったりしてた
私の頭に残るのは“結婚”
なんか近いようで遠い
私人を好きになる権利あるのかな
芸能人だからダメ?
そんなこと……
そうだ……っ!
あの人に相談しよ
おけ!行くよ!
あなた
あなた
ありがと
数分後……








☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆















ピーンポーン
インターホンを見るとニコニコの笑顔が……
あなた
あなた
どーぞ!
隼
はーい!
あなた
あなた
ごめんね急に呼び出しちゃって…
隼
うんん
隼
大丈夫だよ
隼
で、相談って何?
あなた
あなた
私、もう恋しちゃいけないのかな?
あなた
あなた
今は仕事に専念するべき?…かな…っ、
隼
うーん
隼
僕が決めることじゃないけど
あなた
あなた
うん
隼
どっちとも両立したらいいと思うよ
あなた
あなた
そっか……
隼
今しか出来ない仕事もあるし
隼
今しか出来ない恋もある
隼
もちろん何があるかわかんないけど
あなた
あなた
うーん…そーだよね……
あなた
あなた
恋も仕事も両立するのも大切だよね
隼
うん
隼
ちなみに恋に悩んでるってことは好きな人がいるってこと?
あなた
あなた
そう…だね……笑
隼
俺さ、何となくわかる
あなた
あなた
え!?
隼
……っでしょ!
あなた
あなた
せーかい。
隼
やっぱり笑
あなた
あなた
でもなんで?
隼
何となく話してる表情とかで分かるよ笑
あなた
あなた
突然だけどさ
あなた
あなた
涼太への思いね
隼
うん
あなた
あなた
涼太に恋を教えて貰った。
涼太に恋の大切さを学んだ。
涼太は私の恋の先生。
隼
だから言ってたのか…
あなた
あなた
何が?
隼
いや、メンバーと飲んでる時
隼
“俺恋の先生になったことあるんだ”って
隼
言ってた
あなた
あなた
そうなんだ……笑
あなた
あなた
もう1回教えて貰おっかな?
隼
え?
あなた
あなた
今度は“大人の恋”。
隼
そうか……まだ知らないのか……
あなた
あなた
予約しとかないとね笑笑
隼
笑笑

























☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆