無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9
あなた
あなた
ごめんね なんか急に二人きりになりたいとか言っちゃって
涼太
涼太
全然いいけどどうしたの?
あなた
あなた
私ねなんか涼太がほかの女の子と一緒にいたら、胸が苦しかったの。
涼太
涼太
そうか……
あなた
あなた
ねぇ、なんで苦しくなったのかな
涼太
涼太
あなた。それはね……
涼太
涼太
片思いしてるんだよ
涼太
涼太
゛俺に゛
あなた
あなた
え?
涼太がほかの女の子と一緒にいたら胸が苦しくなるのって
涼太に片思いしてるんだ。
でも、なんで……?
いつも私のことになると悪口しか言わないし、
まれに褒めてくれるくらいなのに……
なんでだろう……
涼太
涼太
俺もお前のことが好き。
涼太
涼太
こうやってね、2人がお互いを思っている事を
涼太
涼太
゛両思い゛
涼太
涼太
って、言うんだよ。
あなた
あなた
そっか…………。
あなた
あなた
確かまだあと1日残ってるよね?
涼太
涼太
あぁ
あなた
あなた
絶対にそれまでに決めるから。
涼太
涼太
分かった。待ってるから
あなた
あなた
うん。