無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18
そして朝
私はベッドからおりて
リビングに行った
あなた
あなた
ごめんねー涼太ー
すると
涼太はソファーでぐっすり寝てた
その寝顔が可愛くて
思わず
…パシャリ…
撮ってしまった……。
涼太
涼太
んーおはよ
あなた
あなた
おはよ
あなた
あなた
昨日はごめんね笑
あなた
あなた
なんか変な事しなかった?
涼太
涼太
うん笑
って返事してるけど
なんか隠してるような……
あなた
あなた
あっ!そうだ!
よい冷ましのにいい飲み物作って上げる!
涼太
涼太
俺も手伝うよ
あなた
あなた
ありがと
作ったドリンクを飲んでいます
あなた
あなた
なんか今回の物語私たちの関係にそっくりだよね
涼太
涼太
そうだね笑
あなた
あなた
なんか
あなた
あなた
ドキドキするよね///
涼太
涼太
俺、まだ好きなのかな?
あなた
あなた
え?
涼太
涼太
うんん
涼太
涼太
なんでもない
あなた
あなた
そう?
涼太
涼太
うん
あなた
あなた
てゆうか、これめっちゃ美味しいでしょー!
あなた
あなた
しかも健康にもいいしさ!
涼太
涼太
そうだねー!
涼太
涼太
あっ、7人分作ってくれる?
あなた
あなた
うん!





























ありがと……