無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13
こうして私たちは付き合うようになった。
毎日LINEして……
毎日一緒に帰って……
いつまでもずっとこのままだと思ってた。








































…………………………………………
今日は初めて涼太の家に行く日
あなた
あなた
お邪魔します……
涼太の部屋にお邪魔すると
EXILEのグッズが沢山あった。
ライブのチケット
ポスター
CD
360度どこを見てもEXILE。
あなた
あなた
す、すごいね
あなた
あなた
よっぽど好きなんだね
涼太
涼太
うん
涼太
涼太
そうなんだ……
なんか涼太の元気がない
あなた
あなた
しょ、将来EXILEJrになっちゃったりして(ˊᗜˋ)
涼太
涼太
……
あなた
あなた
りょ、う、た……?
涼太
涼太
俺さ
あなた
あなた
ん?
涼太
涼太
EXILEJrになりたい。
あーあ聞いちゃった……
東京行くんだよねたしか……
涼太
涼太
そのためにも
あなた
あなた
東京に行かないと行けないんだよね
涼太
涼太
うん……
あなた
あなた
私はいいと思うよ^^*
涼太
涼太
えっ……?
涼太
涼太
ほんとに!?
あなた
あなた
うん!
あなた
あなた
涼太の大事な夢だもん。私のせいで壊すのなんてやだ
涼太
涼太
ありがとう!!!
あなた
あなた
うん!
うそ……
本当はすごくヤダ……
遠距離なんて無理だよ……
毎日涼太と会うことが出来ないんだもん……
ヤダ…………
あなた
あなた
それでいつ行くの……?
涼太
涼太
来週。
あなた
あなた
そっか……
涼太
涼太
行けたら帰ってくるから
あなた
あなた
うん。ありがとう
あなた
あなた
待ってる……
そうして私は帰った……































家にて
あなた
あなた
涼太に会えなくなるなんて
あなた
あなた
ヤダ
あなた
あなた
……泣