無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
デートの日、……
あなた
あなた
こんな感じでいいかな?
あなた
あなた
意外と足出るなぁ😑💭
ま、いっか!
あなた
あなた
行ってきマース!
行ってらっしゃーい
あなた
あなた
お待たせ!
裕太
裕太
おう!(か、か、か、可愛い)
裕太
裕太
可愛ええな
おれそうゆうの好き
あなた
あなた
あっそう?(;゚∇゚)ありがとう(*´罒`*)
(い、いま好きって言った?!)
裕太
裕太
さ、行こか、
あなた
あなた
うん!
沢山まわって遊びました……
(結構はしょりました😅)
あなた
あなた
あー、楽しかったねー!
裕太
裕太
そやなー!
裕太
裕太
ちょっと疲れたしあそこ座ろ
あなた
あなた
うん!
裕太
裕太
あのさ、
あなた
あなた
ん?
裕太
裕太
俺、あなたのこと好きになった。
一目惚れ。俺と付き合おう。
俺やったら涼太以上にお前を守る。
あなた
あなた
え、っと。
あなた
あなた
ちょっと時間が欲しいなって思って
あなた
あなた
私ね、涼太に言われたの
あなた
あなた
早く振り向いてくんないかなって、
裕太
裕太
そっか、なら俺は....
チュッ
あなた
あなた
エッ今キスした?
裕太
裕太
俺に早く振り向いてな😁(頭ポンポン
あなた
あなた
う、うん










……………………………………………………………………………………
あなた
あなた
ただいまぁー
あら、おかえりー
ガチャ
あなた
あなた
はぁーあんなこと言ってなかったらキスだってされなかったのに。私のファーストキス。奪われた。
あなた
あなた
あ、涼太に連絡しよ
プルルルル(📞´-`)oO()
あなた
あなた
あっもしもしー?
涼太
涼太
おっあなた。
あなた
あなた
あのさ、単刀直入に言うと、
涼太
涼太
エッまさか、
あなた
あなた
そのまさかのまさか、
涼太
涼太
……
あなた
あなた
き、き、き、キスされちゃった
涼太
涼太
キスーーーーーー!!!!!!!!??
あなた
あなた
まあまあ、落ち着いて、
涼太
涼太
今からお前ん家行く
あなた
あなた
はぁ?
ピーンポーン
涼太
涼太
お邪魔します
あら、どうぞ
涼太
涼太
入るぞー
ガチャ
あなた
あなた
ど、ど、ドウシタノ急に
涼太
涼太
話詳しく聞きたいなって(  ー̀ н ー́ )ムス⋯
あなた
あなた
あれぇ?焼きもちやいてるの?笑笑
涼太
涼太
ち、ちげーよ!てゆうか早く教えろよ
あなた
あなた
あ、うん。
あなた
あなた
なんかね、色々あって涼太がハグした話しちゃったの
涼太
涼太
うん
あなた
あなた
そしたら俺はって言ってキスを............
涼太
涼太
そうなんだ
涼太
涼太
付き合ってはないんだ
あなた
あなた
うん
涼太
涼太
俺にはまだチャンスはあるね?
あなた
あなた
え?
涼太
涼太
だから
ドン!
涼太
涼太
まだお前を好きでいる事が出来るんだな。
あなた
あなた
ヵ、顔チッカ!
あなた
あなた
うん
涼太
涼太
良かった。俺待ってるから。
涼太
涼太
もう幼なじみとは言わせない。
あなた
あなた
えっ
涼太
涼太
じゃ、
あなた
あなた
あっ、
あなた
あなた
ちょっと待って!
あなた
あなた
今度でもいいから、私に恋を教えてください。
涼太
涼太
わ、分かったよ/////
俺、片寄涼太はあなたの恋の教師になります。