無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10
そして最終日……
あなた
あなた
あーあ決まんないな
帰りのバス。
裕太くんと隣。
裕太
裕太
ねえあなた……
あなた
あなた
ん?
裕太
裕太
さっきからずっと涼太のこと見てるけど
あなた
あなた
あ、ちょっとね(ˊᗜˋ)
裕太
裕太
みんな寝てるからいい?
あなた
あなた
えっ?何が?
チュッ
裕太
裕太
キスしたくなっちゃった
あなた
あなた
そ、そっか/////
この時あなたはきずいていなかった。















涼太sedi(あってる?笑)
涼太
涼太
(あーあまたあなたと隣になられへんかった。)
涼太
涼太
(両思いなんや……)
裕太の方を見ると……
裕太
裕太
みんな寝てるからいい?
あなた
あなた
えっ?何が?
涼太
涼太
(まさか……)
チュッ
裕太
裕太
キスしたくなっちゃった
あなた
あなた
そ、そっか/////
涼太
涼太
(あーあ2回目じゃんかよ)
涼太
涼太
(俺まだあいつとキスしてないのに……/////













































そして結果を出す日……(結構はしょりました)
2人を学校の屋上に呼んだ。
あなた
あなた
お待たせ
涼太
涼太
おう
裕太
裕太
うん
裕太
裕太
じゃあ俺から
あなた
あなた
うん
裕太
裕太
俺はあなたに一目惚れしました。
あなたの笑顔
あなたの言葉
あなたの優しさ
全てに惚れました。
涼太には一緒に居る日数は負けてるけど
俺はあなたを愛してるから。
俺と付き合ってください。
あなた
あなた
ありがとう
涼太
涼太
次俺か
あなた
あなた
うん。
涼太
涼太
俺はあなたと幼なじみやった。
でも一緒にいてるうちにどんどん幼なじみってゆう関係じゃなくて恋愛対象になってきた。俺は下手くそやからあなたとキスだってしたことない/////
けど俺はあなたのことが好き。
幼なじみってゆう関係を変えたい。
俺と付き合おう。
あなた
あなた
ありがとう
あなた
あなた
2人ともありがとう
あなた
あなた
まず裕太くん
裕太
裕太
はい……




























次回……わぁーお な結果が……


遅くなってすいません!!
テスト前なのでまた遅くなります(*థωథ)*_ _)ペコリ