無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

24
あなたside
起きたらいい匂いがした
あなた
あなた
なんだろ……
ジュージュー……
あなた
あなた
おはよぉ
涼太
涼太
おはよ
あなた
あなた
美味しそー︎☺︎❤︎
涼太
涼太
でしょー
あなた
あなた
意外とできるんだ笑笑
涼太
涼太
うんん
涼太
涼太
これ、冷凍のやつ炒めてるだけ笑
あなた
あなた
おい笑笑
⋆͛*͛ ͙͛✧*̣̩⋆̩☽⋆゜⋆͛*͛ ͙͛✧*̣̩⋆̩☽⋆゜
あなた
あなた
いっただっきまーす!
涼太
涼太
はい!
あなた
あなた
んー!
あなた
あなた
美味しい😋
涼太
涼太
だろー!
あなた
あなた
いや当たり前なんだけどね笑
涼太
涼太
そか笑笑
こんな時間がいつまでもつづいてたら……













☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
週刊誌に載っちゃいけないと思って
別々に家を出た
そしていつも通り仕事に行った
あなた
あなた
おはようございまーす!
マネージャー
ちょっとあなた見てこれ!
あなた
あなた
どうしました?
そこには
“GENERATIONS片寄涼太女優麻倉あなたの家から出てきた?”
みたいな見出し
あなた
あなた
うそ……なんで……
あなた
あなた
やだっ……!
あなた
あなた
私のせいで……っ
あなた
あなた
涼太の頑張って叶えた夢が……消えちゃう…
マネージャー
友達よね
あなた
あなた
はい。
あなた
あなた
とても尊敬できる人です。
マネージャー
そうよね…
マネージャー
とりあえず今からLDHに行こ
あなた
あなた
分かりました
そしてLDHに着いた
コンコン……
あなた
あなた
失礼します
ヒロさん
あ、あなたさん
あなた
あなた
今回は本当にも……ぅ
ヒロさん
その事ならもう大丈夫だよ
あなた
あなた
えっ……?
あなた
あなた
本当ですか?
ヒロさん
あぁ
あなた
あなた
ありがとうございます。泣
ヒロさん
泣かないで
あなた
あなた
でもどうして……
ヒロさん
涼太から話を聞いたよ
ヒロさん
そしたら涼太は記者の人にこのニュースをとり消してくださいっ言いに行ったんだよ
あなた
あなた
そうなんですね……
ヒロさん
涼太は今レコーディング室にいるかな…?
あなた
あなた
ありがとうございます……!
私は無我夢中で走った。
そしてレコーディング室の近くに行ったら
耳がとろけるような声が……
コンコン……
あなた
あなた
失礼します
涼太
涼太
あっ……あなた……
あなた
あなた
涼太……っ!
ギュッ……!
涼太
涼太
おっ……/////
あなた
あなた
ごめんね…ごめんね…ごめんね…泣
涼太
涼太
(´。・ω・)ノ゙
涼太
涼太
あなた?落ち着いた?
あなた
あなた
うん……ありがと
涼太
涼太
話聞こうか?
あなた
あなた
うん












.☆.。.:.+*:゚+。 .゚・*..☆.。.:*








あなた
あなた
私本当に涼太の夢壊しちゃったと思ったの
涼太
涼太
そんなことあるわけないでしょ
涼太
涼太
自分が汗と涙流して叶えた夢なんだから
あなた
あなた
そうだよね……ごめんね…
涼太
涼太
大丈夫だよ
涼太
涼太
今日は一人がいい?
あなた
あなた
うん……
涼太
涼太
分かった
なんか安心した
涼太がハグしてくれたから?
慰めてくれたから?
なんでだろ……私……もしかして
いや……あくまでも芸能人。
そんな軽い気持ちで出来ないよ……
























☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆