無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11
あなた
あなた
まず裕太くん。
裕太
裕太
はい。
あなた
あなた
裕太くんはいつもあなたに元気をくれたね。いっつも元気でいつ見ても元気で。ほんとに弟みたいな存在だった。だけどね、なんか2回目のキスがなんか違ったの。
あなた
あなた
遠慮してるような気がして……
あなた
あなた
ごめんね
あなた
あなた
私の勝手なおくそくだけど。
あなた
あなた
だから裕太くんとはお友達のままでいたい。
あなた
あなた
ごめんなさい。
あなた
あなた
ヒック…ヒック……(;_;)
裕太
裕太
いいよ。友達のままでいいのならよろしくお願いします。
あなた
あなた
うん……ヒック…
本当に告白を断るって勇気いるよね……
振ってしまったこっちも悲しい。
もちろん振られた方も悲しい。
本当にごめんね裕太。
私は……










































次回……
涼太はいったいどうなるのか!?
こうご期待くださいまし!