無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22
あれから数日たったある日……
今日が最後の撮影日
もうすっかりGENEのみんなと仲良くなって
今ではみんなと飲みに行くのは
当たり前
最後の撮影シーンは……






























ベットシーン……

いわゆる大人のシーン
あなた
あなた
はぁ…ドキドキする……
涼太
涼太
俺も
涼太
涼太
久しぶりにドキドキする
あなた
あなた
だよね
涼太
涼太
だって元カノだもん
あなた
あなた
そっか
そして大人のシーン
撮影の人やマネージャースタッフさんを少なくしてもらった

役・・・・・・・・・↓
涼太
涼太
ねぇ……もう2人になったんだから…
涼太
涼太
ねっ……
あなた
あなた
えっ……!
ドサッ……
チュッ…チッ…チュッ……
スタッフ
ハイカットー!
涼太
涼太
はぁー!やっと終わったねー
あなた
あなた
ほんとだよー
あなた
あなた
なんかドキドキしすぎて疲れたー
涼太
涼太
そうだね俺も……って
あなた
あなた
( ˘ω˘ )スースー…
涼太
涼太
寝てるし
涼太
涼太
マネージャーさん!
マネージャー
はい!
涼太
涼太
先にあなた連れて帰ってくれる?
マネージャー
分かりました!
涼太
涼太
(にしてもまたドキッとした……
マネージャー
じゃあ先に帰りますねー
涼太
涼太
おつかれー




























私はきずいたら自分の家にいた。
リビングには涼太がいた。
あなた
あなた
涼……太?
涼太
涼太
おっ、起きた
涼太
涼太
お前安心したのか知らんけど
涼太
涼太
ぐっすり寝てたぞ
あなた
あなた
あちゃー迷惑かけちゃった
あなた
あなた
ごめんなさい🙏
涼太
涼太
全然いいよ
あなた
あなた
ありがと
あなた
あなた
今日泊まっていく?
涼太
涼太
えっ!誘ってんの?
あなた
あなた
はい?さそってる?
涼太
涼太
おいおい
涼太
涼太
どんだけピュアなんだ(^_^;)
涼太
涼太
泊まっていくよ
あなた
あなた
OKー!
あなた
あなた
てゆうか
涼太
涼太
ん?
あなた
あなた
週刊誌の人意外といないよね
涼太
涼太
そうだね笑
あなた
あなた
あ、そうだ
あなた
あなた
夜ご飯の材料買って来るねー
涼太
涼太
えっ俺も行くよ
あなた
あなた
大丈夫!
あなた
あなた
それよりチャコとお留守番してて
涼太
涼太
はーい





























涼太side
涼太
涼太
よーしチャコ
涼太
涼太
この家を探検しよー!
チャコ
ワン!
涼太
涼太
じゃあまずリビングから!
涼太
涼太
意外と綺麗だよなーチャコ
チャコ
(∪・ω・)ワンッ
(こんな感じです!)
涼太
涼太
じゃあ次はお風呂!
涼太
涼太
うっわー!かっけー!
涼太
涼太
ほんとに女の子の部屋?
じゃあ最後は……
涼太
涼太
あなたの部屋!
涼太
涼太
チャコ行っくぞー!
チャコ
わん!!
涼太
涼太
||☆\“(・_・。)コンコン
涼太
涼太
失礼しまーす
そこにはたっくさんのRAMPAGEのグッズでいっぱい。
涼太
涼太
あなたの推しは……
涼太
涼太
北人……
涼太
涼太
だいぶやられるなこれ
GENEのファンでもなくなおさら萎えた。


















ガチャッ……
あなた
あなた
ただいまー!
涼太
涼太
お、おかえりー
あなた
あなた
ちやオットセイか!笑
涼太
涼太
懐かしいことゆうな笑笑
あなた
あなた
覚えてるんだ(*´罒`☆)
涼太
涼太
当たり前じゃん
あなた
あなた
なんか嬉し笑
涼太
涼太
そ?
あなた
あなた
うん
あなた
あなた
じゃ、料理するねー!
涼太
涼太
おう
涼太
涼太
俺も手伝う
あなた
あなた
ありがと

















……………………………………………………