無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

37
次の日
改めて龍友くんとお話することになった
涼太
涼太
大丈夫?
あなた
あなた
う…ん。
涼太
涼太
ごめんな俺今日仕事なんだ
あなた
あなた
大丈夫だよ。頑張る。
涼太
涼太
うん……














☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆




龍友くんのいる部屋にむかった
恐る恐る……
心拍数…おかしくなりそう
コンコン
あなた
あなた
失礼します
龍友
龍友
……
ゆっくりとソファに座った
ある程度距離をとって
龍友
龍友
ごめん……
あなた
あなた
……
龍友
龍友
ホンマにごめんなさい。
龍友くんは深々と頭を下げた
あなた
あなた
顔上げて
龍友
龍友
……
あなた
あなた
許すつもりは無いよ
龍友
龍友
っ……
あなた
あなた
だって涼太ともヤったことないのに
あなた
あなた
初めてが龍友くんって……
あなた
あなた
悲しかった
龍友
龍友
俺も
龍友
龍友
あの時はどうかしてた
龍友
龍友
あなたを自分のものにしたくて
龍友
龍友
必死で
あなた
あなた
……
あなた
あなた
龍友くん……
あなた
あなた
もっと他の方法あったんじゃないかな?
龍友
龍友
ホンマにそう思う。
あなた
あなた
でも
あなた
あなた
これからは
あなた
あなた
好きな女の子にこんなことしないでね^^*
龍友
龍友
ぅっ……泣
あなた
あなた
もー泣かないでー
なんやかんやで
和解しあったのであった。
そのあと涼太と電話した
あなた
あなた
もしもーし
涼太
涼太
はーい
涼太
涼太
どうだった?
あなた
あなた
龍友くんは本気で反省してるみたい
あなた
あなた
二度と同じことしないようにっ!って
あなた
あなた
ゆっておいたよ
涼太
涼太
そんなんじゃ足りないよー笑
あなた
あなた
えー?笑
涼太
涼太
もう二度と私の前に現れないでっ!
涼太
涼太
ぐらいゆっとかないと笑
あなた
あなた
きつ!笑
涼太
涼太
……
あなた
あなた
涼太
涼太
笑ってる顔が一番好き。
あなた
あなた
えっ……/////
涼太
涼太
電話越しだからあれだけど笑
声でわかるよ笑
あなた
あなた
笑笑笑……/////

ラブラブな感じで会話が終わった。













☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆