無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14
そして涼太が東京へ行く日
あなた
あなた
涼太っ……
涼太
涼太
あなたっ……
涼太
涼太
俺お前のこと一生忘れない。
大人になってもEXILEJrになっても。
あなた
あなた
うん……っ(泣)
あなた
あなた
ずっと待ってる
ハグをして
キスをして
泣いて
涼太は東京へいった……

























………………………………………………
涼太が東京へ行って1ヶ月たったある日
私は東京にいた。
なぜならスカウトされたから
私が目指していた女優さんへの第1歩
あなた
あなた
おー!
あなた
あなた
ここが事務所ー!
あなた
あなた
やっぱ都会だなー
あなた
あなた
日本の中心。
あなた
あなた
さすが
あなた
あなた
そして。でかい。
そうして私はちょい有名な女優さんになって……
雑誌の表紙に載ることになった。
あなた
あなた
(あー!これが私の雑誌♡
あなた
あなた
(なんだ 可愛く映ってんじゃん笑(´ω` )
そしてほかの雑誌を見ていると……
あなた
あなた
あれ!?
あなた
あなた
(見たことある顔
と、
そこには…………
GENERATIONS from EXILE TRIBE
片寄涼太  恋の先生 。
という雑誌が……
迷うことも無くすぐに買った。
家に帰って見てみると……
あなた
あなた
え、涼太!?
あなた
あなた
ちょーイケメンじゃーん!
雑誌には
僕は中学生の頃 1度恋の先生をしたことがあるんです。
って、書いてあった。
あなた
あなた
もしかしてあのことかな
なんて考えながら読んでいたら
……俳優……
あなた
あなた
えっ!?
あなた
あなた
俳優も、してるの!?
あなた
あなた
いつか共演できるかな?
なんて考えながら……笑笑





























いつか共演出来ますように…………っ



















朝起きてポストを見ると封筒が……
開けてみると……
あなた
あなた
映画のオファー!?