無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第36話

35
涼太
涼太
もう大丈夫?
あなた
あなた
うん。ありがと



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆






あれから数日たった日
最近涼太にあってないしLINEもしてない
電話もしてない
だって電話かけてもメール送っても返事くれないから
私とうとう嫌われたのかな?
当たり前か
龍友くんとやっちゃったもん
私も最近男の人が怖くなっちゃって
すれ違うだけで震えちゃう
もう涼太とは無理なのかな?
いっそ別れた方が楽なんじゃ?
そう思った










☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆





今日久々に予定があって家に呼んだ
涼太
涼太
お邪魔しマース!
あなた
あなた
どーぞ
ソファに座った
あなた
あなた
ねえ?
涼太
涼太
ん?
あなた
あなた
涼太
涼太
あなた
あなた
“別れたい。”
涼太
涼太
えっ?



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆




涼太side
久しぶりにあなたと二人っきり
でもあなたはなんかテンション低い
そんなこと考えながら
ソファに座らせて貰ったら
“別れたい。”
って言い出した
せっかく再開して
こうやってまたより戻せたのも
奇跡だと思ってたのに
頭の中真っ白
どうしたらいいの?





☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆