プリ小説

第3話

🦁
🦁「だーかーらー! 僕は ライオンさん なの!」
🌙『……ごめん。意味がわからない』


🦁「はぁ、もう!君は馬鹿なの?」


いや四次元裙の方が十分馬鹿だと思いますけれども?


ってか 四次元裙の隣で ずっと笑ってる 糸目の かわいい ナムジャは 誰ですか?



🐥[あ、 僕?www僕はね ぱくじみん]


あ、聞こえてた ぱてぃーん ですか ←

🐥[うん😊聞こえてるね]


あ、それも 聞こえてた んすね ?


っていう カオスな 時間で もう やだなって思ってたら

🍑(おっまたっせ〜♡♡)


あ、こっちも四次元だったかも

でも 嬉しいわ ももの 空気 読めないとこが今日は生かさせたね←



🍑(なにニヤニヤしちゃってんのよ)
























皆さんどうしましょう
もう一気に友達になって いつもの短編的なのをやるか、友達になるまでのことを書くか((語彙力
どうしましょ( ˙-˙ )

まー、四次元裙からしたら短編の方がいいかなみたいな?ッ☆

コメ植えてくださいなッ☆((

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

四次元裙.
四次元裙.
*