無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

💎
「それではジャッジお願いします❗️」
「ジャッジ❗️」
相手は強かったからどうせ私のところに票はないと


思っていた…


_________________________________________________
今、私はスタジオ内のダンスバトルに出ている
それでバトルは終わり結果を待っているのだ












結果は0票









かと思いきや1票だけ入っていた
その票を入れてくれたのがホソク先生だった