第48話

🏵....恋バナ....🏵
299
2023/11/19 22:00
「ほんとにないよ笑?」

虚しいほど恋愛経験が無くて、一周まわって逆に誇らしかった。


出水「ぇぇ、....その男達見る目ないと思いますよ〜」

お世辞で慰めの言葉をかけてくれたけど、...

他の人にも言われたことはある。

でも現に今の現状が全てを悟っている....、


「w、うわぁ照れるな〜w?」


と、出水の肩を優しくポンポンと叩こうとした。


が、



ポンポン



出水「ッエッ、?!、......//」



振り上げすぎてしまった手は、彼の頭を撫でていた。



「って?!!、ご、ごめんっ、?!//」


隣の陽介までにやけていた。

米屋「あ〜、何ですか、あなた先輩、...もしかして出水のこと〜?...」


「違う違う違う、、、.....//」


出水「せ、積極的〜..//」


嘆き声をあげる私を見ながらケラケラと笑っていた。


「わ、私、り、りれーの練習、?とかお昼ご飯、ある、から帰る、ね、?!」

そう、勢いよく後ろに下がり、

180度体の向きを変えると、


「ゎっ、...っ?!!ご、ごめん、、!!!//」

三輪「、...ぉ、」


三輪くんへ衝突。

私は災害の元のなのかというレベルで、衝突が多かった。


三輪「、平気、です、/」


三輪くんの耳はほんのり、ピンク色に色づいていた。






...


何、あの、恥ずかしい時間?!!


我に返り、心を落ち着かせた。


本当に自分の不覚すぎる行動を反省した。



波乱の体育祭はまだ続く。






...



北沢「それでは、体育祭午後の部を開会いたします。」

亜織ちゃんの淡々とした声を合図に午後の体育祭が開会した。



(※本当はここで応援団のお話があるのですが番外編で書きます)



澪「あなたー!応援お疲れ!赤まじ声出ててびっくりしたわ〜、」


「でしょー?練習したからっ!w」


澪「w、あれあんた、この後学校対抗のリレーでしょー?陸上部だけ別枠じゃん?なら、あなた勝てるよ!相手の強さわかんないけど!、」

私に過信してくれるのは嬉しいし、恐縮だけど、三門第一高校って、運動神経、いいじゃん、...?


「待って待って、第一高校って運動強いじゃん..」


澪「この学校も運動部強いから大丈夫大丈夫〜」

確かに、強いけど、それは私自身の速いさに直結しないし、...


「まぁ、とにかく頑張ってくる!!」


澪「おう!頑張れ!」

相変わらずの笑顔で見送ってくれた。



...


学校対抗リレーは体育祭自体を盛り上げる種目らしいので、うちの学校の吹奏楽部は壮大な演奏を繰り広げていた。

メジャーな曲からマイナーな曲まで演奏をしていた。


西田「綾世〜、確か同じグループだよな?」


前から駆け寄ってきた西田くん。


「うん、確かそうだった気がする!」

学校対抗の六頴館でのグループ決めは本日発表で、朝に少し目を通したくらいだ。


今回のリレーでは、陸上部のチーム、その他のABCDE、?くらいのチームがある。



西田「あ!チーム分けの紙あった!あそこの柱に貼ってある!」


♚六頴館高校チーム分け♚
Aチーム
荒船哲次、歌川遼、長谷川七夏、木田茉弥乃、

Bチーム
辻新之助、三上歌歩、綾世あなた、西田風慈

Cチーム
菊地原士郎、犬飼澄晴、下澤夏恋、福嶋すみれ

...と、計6チームくらい下に名前が連なっていた。


...他のチームには結構知らない子がいるなぁ

出たい人割と少なめ?
ノリとか、クラス推薦とかで決まったらしいけど、。


♚三門第一高校チーム分け♚
Aチーム
影浦雅人、笹森日佐人、穂刈篤、小荒井登

Bチーム
三輪秀次、米屋陽介、茶野真、熊谷友子

Cチーム
村上鋼、加賀美倫、香取葉子、佐鳥賢

...
計6チーム、



同じぐらいになることなんてあるんだー、

しかも、第一高校割とボーダーの知り合い多いな、...

カゲちゃんとか、リレー出たいタイプか?!

三輪くんも、...


あー、もしかしたらクラスとかで頼まれたのかな〜、以外に断れないタイプな気がする、...


マイワールドに浸っていると西田くんは、動揺を見せた。

西田「、あ、あのー、綾世、さん。その、な、七夏って、ロマンチックな感じ、好きな感じ、ですか、?」


あ〜、笑なるほど〜笑

「なるほど、?
...嫌いじゃないと思うよ?笑ここだけの話〜笑、七夏胸きゅん漫画あー見えて結構読んでるんだよ〜?笑」



西田「!なるほど、...ロマンチックに、...」

「まぁ、気負わなくても成功するよ。

さ、そろそろ行かないと招集始まっちゃうよ〜」


西田くんは、苦悩している頭を叩き、歩き出した。


七夏絶対好きだし、何も心配すること無いけどなー..

三奈ちゃんもそうだけど、告白イベント?多いなぁ。

、、いいなぁ、...。


私も、公開告白とかされてみたいな、...




そんなことを考えつつ、私たちは招集場所へと向かった。

プリ小説オーディオドラマ