無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ちょん
ちょん
.........
ちょん
ちょん
...ね、あなた
あなた
あなた
ん?どしたの










そうやってビクビクしながら話しかける君は



















今は好きじゃないんだよな

















ちょん
ちょん
ぼ、僕といつも一緒で疲れてない?
あなた
あなた
...え?なんで?
ちょん
ちょん
だって、......い、いつもあなたに迷惑かけてる...から
ちょん
ちょん
僕のこと、も、もう嫌いかなって...っ
あなた
あなた
.........
あなた
あなた
嫌いなわけないじゃん















こんなことを毎日のように聞かれるようになった

















正直答えるのがめんどくさくなってる自分が居る




















ちょんのこと大好きだったんだけどな...




















ちょん
ちょん
あ、あとねっ...あなたにお願いがあって.........
あなた
あなた
なに?
















なんて、ちょんが声を震えさせながら言った


































ちょん
ちょん
い、っ...一週間だけ僕の彼女になってほしいんだ。