無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

あなた
あなた
.........
あなた
あなた
え?














なんて、はいって答えられるはずもなく


















ただただ情けない声が漏れた
























ちょん
ちょん
あっ、えと......困ったよね、っ
あなた
あなた
.........
ちょん
ちょん
.........
ちょん
ちょん
...あっ、
あなた
あなた
わ、!私、なってもいいよ…
ちょん
ちょん
え?























そんなちょんの声を聞いて我に返った










































何言ってんのぉぉお!わたしいぃぃぃぃ