無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

31
みんなはどんどん離れて、行き。
あちらこちらで爆発音やら瓦礫が崩れる音がしている。
大丈夫、みんな無事と信じて。
パッと右を見ると緑谷くんが何か考えていた。
きっと作戦だ。
天喰 環
このあと一階で…
夜盾
っ!先輩危ない!!
夜盾
『クイックリフレクター』!
前から攻撃しようとした奴を咄嗟に先輩を盾で守る。
蛙吹 梅雨
ナイスカバーね!
相澤 消太
さて…どうする、
あと一階というのに、その一階にぞろぞろとエネミーが。
天喰 環
ごめん、ナイト!
夜盾
お気にせず!
通形 ミリオ
ここは、先輩の出番だよね!
天喰 環
そうだね。
緑谷 出久
……?
通形 ミリオ
みんなは先に進んで!ここは俺達が引き受けた!
耳郎 響香
でも…
相澤 消太
行くぞ。正面突破だ!
でも…もし……
相澤 消太
不安は捨てろ!二人の強さは分かってるはずだ。俺らは俺らの出来ることをするぞ!
蛙吹 梅雨
みんな!百ちゃんが合図をくれたわ。
ここからはもう何してもあちらにはばれないわ。
耳郎 響香
よし!行こう!
夜盾
みんな、少し下がって。一応盾張りながら行きますので!
緑谷 出久
うん!
相澤 消太
緑谷はフルカウル状態にしとけ!
一気に片付けるぞ。
緑谷 出久
分かりました!
夜盾
緑谷くん!入ったらとりあいず見えたら抑えて。私も加勢するけど!
緑谷 出久
そうだね。少しバリア余る?
夜盾
勿論。それでせんせーたち守って後は攻撃に使う。
蛙吹 梅雨
たぶん、空を飛んで逃げるわ。
だからおそらく決戦も屋上になるわね…
相澤 消太
よし、行くぞ。
大きなドアの前に全員で立つ。
相澤 消太
俺が合図したら夜盾、ぶっ壊せ。
夜盾
わ、私ですか!?
緑谷 出久
僕もフルカウルでぶっ飛ばすよ(笑)
夜盾
助かる!
相澤 消太
行くぞ……
先生が、指で、
『3』
『2』
『1』
緑谷君と呼吸を合わせてドアをぶっ壊す。
簡単に粉々になるドア。
その先には余裕の男がいた。
椅子にどっかりと座り太った男、
あ、あれやな。
おじさん…より若いかな。
何かウザそう。見た目で判断してしまう私だけどね。
(この間0.3秒)
ソッコーで、私の個性で押し潰す。
夜盾
『リフレクタープッシュ』!
夜盾
あ…え?嘘…
緑谷くんも思わず足を止めてしまった。
その光景に全員が『あ』と口を開く。










みんなが唖然とする理由は。













そう、
ボス
クッソ!ここから出せよこらぁ!!
蛙吹 梅雨
あら…?
緑谷 出久
よわ…い。
私の盾に簡単に捕まったから。
耳郎 響香
な、何か…ラッキー?
相澤 消太
なの…か?
緑谷 出久
えええええっ!?
もっとなんかガラスから飛び降りてでっかくなったりして大変なことになってかっちゃんとか轟くん達と合流して倒すみたいな流れを予想してたのにええぇっ!?弱すぎじゃないか!?言われてたのと全然ちがう…ブツブツブツブツ
蛙吹 梅雨
緑谷ちゃん。怖いわ。
緑谷 出久
Σ(゚Д゚///)ごめんなさいっ!
耳郎 響香
え…どうすんの、これ。
目の前には私の盾で捕まっている…
いや、潰されてるボスさん。
一応ボックス状にして逃げられない様にする。




さて…これからどうすればいい?
と、全員で頭をフル回転させて考える。