無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

13
その後はほんとにパーティーしていた。
夜盾
あ、私そろそろ帰りますね!
切島 鋭児郎
帰んのか?送るぞ?
夜盾
え?そんなご迷惑…!
切島 鋭児郎
いや、いいよ?俺も帰りたかったし!
夜盾
な、ならお言葉に甘えて…
麗日 お茶子
ヒューヒュー!
瀬呂 範太
ラブラブだなぁ!
上鳴 電気
え?何、そういう!?
夜盾
違いますよ!違います!
切島 鋭児郎
何言ってんだよ…!
飯田 天哉
気をつけて帰るんだぞ!
夜盾
はい、お邪魔しました!
切島 鋭児郎
じゃあなー!
と、盾に乗って空へ。
切島 鋭児郎
いやぁー!この盾最高だなぁ!
夜盾
でしょう!?私も好きなんです!ここにいる時!((ニコッ
切島 鋭児郎
…////なぁ…!夜盾!
夜盾
はい?どうしました?
切島 鋭児郎
俺さ…!前からな。
切島 鋭児郎
いつも何事にも取り組んで、ぜってー勝って、カッコよくて!それにかわいくて!
夜盾
??
切島 鋭児郎
俺は、俺は…そんなお前が…
切島 鋭児郎
好きだ!
夜盾
…ええぇぇぇぇ!?
切島 鋭児郎
あ、あ、わ、わりぃ!驚かせた!
夜盾
いや、え!?切島くんが!?
切島 鋭児郎
…////
夜盾
あ、あの…!
切島 鋭児郎
いや!返事。まだいいよ。
夜盾
え?
切島 鋭児郎
俺のこと少し考えてほしい。いつでも待ってるから。
夜盾
え、あ…!うん。
そこで切島くんの家へ着いた。
切島 鋭児郎
じゃあな!
夜盾
うん…!
空へ私は行くが。
ええぇぇぇぇ!?
改めて、ええぇぇぇぇ!?
な、な、な、えぇ!?
もう。これしか言えない…!
とりあえずベッドへダイブする。
落ち着いてね。
いや。え!?
ムリムリムリ。この状況で落ち着けるの凄いムリ。
あ、あのいつも一緒にいるあの!?
き、切島くんは…失礼だけどそういう感じで見てなかったなぁ…
だって、優しくて、カッコいいんだけどそういう風には…。
うーん…まぁ、切島くんもいつでも良いとと言ってたし…うん!
もう少し考えさせていただこっ!
それまで、普通を保とう。ふ、普通を!
あ!そろそろ弔くんに会いに行こっかな~!
明日、会いに行こ~
あ、でも大丈夫かな…?
ファットさんに聞いてみるか。
~LINE~
夜盾
ファットさん今、良いですか?
ファットガム
何や?どうした。
夜盾
明日、ヴィラン連合さんに会いに行こうと思います!ど、どうすれば…?
ファットガム
お、おぉ、そうか。良いけど気ぃつけや!
ファットガム
この前んとこおるから、まぁ行けば何とかなる!
夜盾
はい、ありがとうございます!
ファットガム
おー、おやすみな~
夜盾
はい!おやすみなさい!
戻って
楽しみだなぁ!きっとまた面白いだろうな…!
ニュースでは、ヴィラン連合は今のところ死刑は免れている。
オールフォーワンの手引き。そこから繋ぐ一人一人の過去。それは警察側も言えたことではない。
確かに何人も人を殺し、傷つけたのはとても重い罪である。
だけど、それ以前に防げたこと。
その事実が相澤先生、クリエイティ含むプロヒーローによって解明された。
しっかりと向こうの言い分を聞くともう脱走の気はないと言う。
それも含め明日私が聞こう。
さぁて!寝ますか!
ねみぃ、(笑)