無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

36
夜盾
おはよう、勝己!
爆豪 勝己
おう、はよ。
夜盾
今日は~?仕事ある?
爆豪 勝己
ある…クソデクとの合同の。
夜盾
またデクくんのこと虐めないよ?
爆豪 勝己
さァな。
付き合ってからしばらく。
私達は結婚をすることに。
勝己の親御さんは快く了承してくれた。
結婚式にはたくさんのヒーロー。
マスコミには内緒でね。
というか今どんな敵が来ても倒せるってくらい
強いヒーローばっか(笑)


不思議ながら楽しい結婚式だった。
爆豪 勝己
お~い。ったく大丈夫かよ。
夜盾
あっ、ごめん(笑)
勝己は他の人に接するときより
とても優しい。
夜盾
お弁当どーぞ。
爆豪 勝己
お前は、仕事。
夜盾
今日は無いよ。切島くんがいるから大丈夫。
爆豪 勝己
クソ髪か。じゃあ安心か。
ピロン♪
爆豪 勝己
げ。半分野郎…?
夜盾
珍しい、轟くんから?
爆豪 勝己
チッ…行ってくる。
夜盾
えー、気を付けてね?
爆豪 勝己
はっ。俺が負けるだと?
夜盾
私には負けるでしょー(笑)
爆豪 勝己
負けねーし!!?
夜盾
はいはい(笑)行ってらっしゃい。
爆豪 勝己
行ってきます。
そう言うと強く、抱き締めてくれる。
夜盾
相変わらず(笑)照れることしてくれるなぁ。
爆豪 勝己
こっちの台詞だボケ。
夜盾
その悪い言葉さえなければね~(笑)
爆豪 勝己
そりゃ、無理なお願いだ。
夜盾
気を付けてー






この数年、色々なことがあった。
昔みたいに。
みんなとまた、もっと。仲良くなれて。
何より、
運命の人に会えた、
結婚することができた。
〝最強〟な私は
私は。
『みんなのヒーロー』
に。なれただろうか。