無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

12(面倒になった(笑))
え、っと、ここでいいんだよね?
ほんとにこれが一人で住む家なの…!
ヤオモモちゃんは、独り暮らしらしいんだけど、
見せてあげたいほど大きい豪邸…!?
私が少し困りながらいると。
爆豪 勝己
おい。
夜盾
っえ!?爆豪くん!
爆豪 勝己
何やってんだ、行くぞ。
夜盾
…?うん。
あ、あれ?思ってた反応と違う…!
もっと、




『どけや!💢クソ盾女!💢』
とか言ってくると思ったんだけどなぁ、
ピーンポーン
夜盾
あ!ヤオモモちゃーん!
八百万 百
あらまぁ!夜盾さんに爆豪さん!どうぞ!
そして無言ながら意外にイケメンな爆豪くんに軽く見とれていたら、
爆豪 勝己
何見てんだ💢
夜盾
っあ!ご、ごめんね!カッコいいなぁ…と思ってさ!
爆豪 勝己
チッ!
爆豪 勝己
期待さす様なこと言うなよ…!
夜盾
え?今何て?
爆豪 勝己
何でもねぇよ!💢
夜盾
そぉ?
芦戸 三奈
あなたーーーー!!!
夜盾
グハッ、
耳郎 響香
ちょっ、あなた大丈夫?
夜盾
いつもは響香ちゃんもだよ…💢
耳郎 響香
あ?そう?(笑)
夜盾
って!三奈ちゃん!!もう大丈夫!?
芦戸 三奈
ん?あー!そうそう、あなたありがとう!恥ずかしい所見せちゃって…///
夜盾
うぅん!良く頑張ってくれたと思うよ!
切島 鋭児郎
お!爆豪!こっちだぞ!
爆豪 勝己
うっせぇ!指図すんな!
とか言いつつズカズカ言われた方へ。
ツンデレも可愛いな…(笑)
はっ!私は何てこと考えてるんだ!
麗日 お茶子
あなたちゃーん!こっち美味しいもんたくさんあるよ!
夜盾
あ!今いきまーす!
するとそこにはビュッフェ式に食べ物がズラーっと!
夜盾
す、すご!これ誰が準備を!?
八百万 百
私のお手伝いの方々ですわ!
召し使い
どうも、ごゆっくりなさってください。
夜盾
は、はぁ。
葉隠 透
凄いよね!凄いよね!
夜盾
うん。ビックリした!
轟 焦凍
わりぃ、遅くなった、
八百万 百
轟さん!
緑谷 出久
遅れてごめんなさい!
麗日 お茶子
デクくん!
蛙吹 梅雨
けろっお疲れ様、
上鳴 電気
なぁ、あの事件の話、しねぇか?
瀬呂 範太
あー、あの?
飯田 天哉
ところで、みんなケガなかったのか!?
全員
いやぁ、ない。
轟 焦凍
俺は、少し捻挫。
夜盾
えっ!ごめん!捻挫しちゃってたの!?うわぁもっと速く来てれば…!
轟 焦凍
いや、お前が来て助かった。
切島 鋭児郎
そうそう!それどうやって解決したんだよ!
緑谷 出久
二人が苦戦したヴィランを数分でどうやって…!
夜盾
んー…話すと長いよ?(笑)
耳郎 響香
いいよ、聞く。
上鳴 電気
おう!話してくれ!
私は全てを話した。
轟 焦凍
そんな事が…!
蛙吹 梅雨
あなたちゃんしか出来ないことね、
夜盾
うん、私もそう思って信じて二人を捕まえたからさ。
瀬呂 範太
てことは次のビルチャははねあがんな!
ビルチャ…ヒーロービルボードチャートjpランキング
夜盾
どうだろう…(笑)
麗日 お茶子
前回はデクくんやったな!!
前回デクくんは一度目のヴィラン拘束の時に大活躍して、人気を持った。
そして、よく子供にも優しいので子供からも信頼を受けていた。
ちなみにあなたさんは2位でした。
轟くんは、カッコいいと強さで3位に輝いた。
爆豪くんは、少し性格が悪いため人気は得られないことはあるが、イケメンと、意外なツンデレ対応に隠れファンも多くいるらしい。
緑谷 出久
つ、次も頑張りたい!
爆豪 勝己
何でクソデクが…次こそ一位に…💢💢
切島 鋭児郎
俺らも順位上げたいよな~
上鳴 電気
だけど、その前にビック3だろー!
5、6、7とミリオ先輩、環先輩、ねじれ先輩が立ちはだかる(笑)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
すみません!投稿の時間がいつも遅くなってしまい!
できるだけ速く投稿できるよう努力はします!
もう、学校やら勉強やら何やらで…
これからもハート、お気に入り、よろしくお願い…
通形 ミリオ
します!✨
だぁ、ミリオ先輩!?
えぇ?
あ、では!