無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

15
夜盾
えええぇぇぇぇぇ!?
いや、2回目!?今年2回目!
荼毘
まぁ、お前は違う好きなヤツがいるんじゃねーの?だからこれは気持ちだけ受け取ってくれ。
夜盾
え…うん。
荼毘
引いたか?
夜盾
全然。むしろ凄い嬉しい(笑)
荼毘
良かったぁ…
夜盾
いや、キャラ崩壊(笑)
荼毘
嫌われたかと。
夜盾
嫌わないよ~((ニコッ
荼毘
ほんとその笑顔ズルい。
夜盾
え!?どゆこと?
荼毘
そして鈍感。
夜盾
もー!からかわないの!怒るよ!
荼毘
やめろ。世界が粉々になる。
夜盾
ひっど!
そんな話をするけど、私は、私達は心からの笑顔で笑えたと思う。







さて、次は…
荼毘
じゃあな。また来いよ。
夜盾
もちろん(笑)
すると、弔くんが来る。
何だろう、荼毘くんとすれ違う時に顔をしかめていた様な…
まぁ、ね、気にしない、









口を先に開いたのは弔くん。
死柄木 弔
さっきアイツに何か言われただろ。
夜盾
…?うん、
死柄木 弔
なんて言われた…💢
夜盾
怒ってるの!?いや、その…
死柄木 弔
言・え。
夜盾
そ、その…こ、告白を…
死柄木 弔
チッ、答えは?
夜盾
ううん、荼毘くんがいいって、
死柄木 弔
ふーん、俺も好きだけどね。
夜盾
……え!?
い、い、今何て!?
死柄木 弔
捕まる時に荼毘が遮ってたろ?あれはそういうことだ。
夜盾
あー!!あれが!え!?何か3人目!
死柄木 弔
……は?あと一人は?
はっ!しまった!私は思わず口を押さえる。
死柄木 弔
教えろ。言わないから、
夜盾
い、言ったな!あの、レッドライオットっていうヒーロー知ってる?
死柄木 弔
お前と事務所同じヤツだろ?ソイツか。答えどうする気だ。
夜盾
今はお断りしようと思う。
夜盾
好きなのは凄く嬉しいけども、彼とはそういう対象じゃなくてさ…(笑)
死柄木 弔
はぁ、俺も返事いらない。
夜盾
え?
死柄木 弔
断られるのは嫌いだ。
夜盾
昔からだもんね、私も好きな人いるのかな…?
死柄木 弔
なんで疑問形なんだよ(笑)
夜盾
いや…よく分かんなくて、
死柄木 弔
あれだよ。隣にいるとドキドキするヤツとか、お前的にはカッコいいとか思うヤツだ。
夜盾
んー、先輩?(笑)あ、それはドキドキしないな~
ふと、爆豪くんに泊めてもらった事を思い出した。
少しカッコよくて、優しくて。
ドキドキ…したかもしれない。
夜盾
…あ、
死柄木 弔
いたか?
夜盾
…うん、
死柄木 弔
教えろ。
夜盾
はぁ、人にものを頼む態度かよ~まぁ…あれだよ。
夜盾
昔、君達が拐おうとした男の子。爆豪くんだよ。
死柄木 弔
アイツが…!?
夜盾
わ、悪いですか!?
死柄木 弔
ちげぇけど、意外だ。
夜盾
すみませんね!
死柄木 弔
ヒーロー爆心地か。まぁ、いずれどうにかなるだろ。
夜盾
適当!ま、そうするけどね!
夜盾
そろそろ終わりにしないと!
死柄木 弔
じゃあな。また絶対来い。いつでもいいから。
夜盾
勿論、そのつもりです(笑)

















久しぶりにみんなと会えて凄い嬉しかった。
楽しかったし!
帰ろうと盾に乗ってパーカーが風になびく。
するとポケットのスマホが急に鳴った。
~LINE~
切島 鋭児郎
夜盾明日空いてるか?よかったら出掛けねぇか?
ふ、ふ、二人きりとかじゃないよね!?
夜盾
空いてます!
夜盾
他には誰かいらっしゃるんですか?
切島 鋭児郎
爆豪と麗日が空いてたから誘ったぞ!
夜盾
ば、爆豪くんが!?
あ、あの爆豪くんがお出かけを許した…!?
流石親友の切島くんだ…!
切島 鋭児郎
おぉ、何か暇潰しなら行ってやってもいいとか(笑)
夜盾
素直じゃないなぁ(笑)明日はどこへ?
切島 鋭児郎
遊園地の無料券をもらってな!明日送ってもらえると助かる…、
夜盾
勿論です!ではパトロールしながら(笑)明日事務所前でお待ちしてます!
切島 鋭児郎
おう!あ、10時な!
夜盾
はいっ!(^^)/
爆豪くんたちとおでかけか…!
楽しくなりそう(笑)