無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

26
塚内さん
よし!!これでOKだ!!
たった今、ヒーロー数名で作った案ができあがった。
まぁ、大体の構造と情報を組み合わせて
最短、安全ルートと流れを簡単に考えたまで。
大雑把だが、主旨はこうだ。
『エネミーの完全逮捕、組織壊滅にすること』
これが目的。何があってもまずはこれを成してから
他の行動に移すこと。
とりあえずはエネミーは倒してくれて構わない
とのことだ。
『警備室乗っ取り班』

・上鳴
・尾白
・八百万(合流)
『外の警備、避難誘導班』

・警察
・ねじれ先輩
・麗日
『雑魚処理、幹部までの道開け班』

・環先輩
・ミリオ先輩
『幹部3退治班』(ガラスのヤツ)

・切島
・瀬呂
『幹部2の退治班』(人形のヤツ)

・轟

(班というよりもう係(笑))
『幹部1の退治班』(冷気のヤツ)

・爆豪
『ボス退治班』

・夜盾
・耳郎
・緑谷
・蛙吹
・相澤先生
ということに決まった。
耳郎 響香
つ~
麗日 お茶子
か~
夜盾
れ~
蛙吹 梅雨
た、かしら?ケロッ
もうみんなくったくた。
何せ、この配分と、作戦を約三時間かけて決めた。
あとは他のヒーロー含め、明日都合が合ったので
またここ集合とのことだった。
明日は他のビック3含め、みんな来る。
相澤先生もしばらくこちらでの仕事があるため
休暇を取ったらしい、というか取らされたらしい

(学校の)
塚内さん
みんなとても助かった。明日はこれを具体化して、より良いものにしよう!
全員
はい!
切島 鋭児郎
爆豪!お前んち今日泊まってもいーか?
爆豪 勝己
あぁ?何でだよ💢
切島 鋭児郎
いやー、わざわざ戻んの大変だしいいだろ?
爆豪 勝己
チッ、勝手にしろ。
切島 鋭児郎
そうさせてもらうぜ!緑谷も!一緒に帰ろうぜー?
緑谷 出久
うん!今行くよ!
と、3人が出てく。
麗日 お茶子
あなたちゃんどうするん?
夜盾
あ、そうだった…。どうしよ。
そういえばこうなることを予想してなかったー!
お金もそこまで持ってきてないし…
麗日 お茶子
ならうち泊まる?1日くらいどんとこいだよ!
目の前に女神様が見える…
夜盾
いいの?
耳郎 響香
あ、じゃあうちも泊まろっかな(笑)
麗日 お茶子
あ!耳郎ちゃんは服持ってきてな!
耳郎 響香
うん!
夜盾
ありがとうー!!
麗日 お茶子
えーよ!
蛙吹 梅雨
みんな、そろそろ出ましょ?
麗日 お茶子
あっ!梅雨ちゃんは?
蛙吹 梅雨
ごめんなさい…行きたいけど今日は兄弟が来てて…
耳郎 響香
無理しなくていいよ!またお泊まり会しよ?
蛙吹 梅雨
ありがとう、また誘ってね?
麗日 お茶子
もっちろん!!
夜盾
今度はみんな誘いましょ!
麗日 お茶子
そうやな!
耳郎 響香
ヤオモモんちの方がやばいよ(笑)
蛙吹 梅雨
じゃあね、
女子
ばいばーい!!
相澤 消太
塚内さん、少し話ながらいいですか?
塚内さん
はい、勿論。
そして、会議室のあるビルを後にした。
途中、困っている人を助けたり、耳郎ちゃんちに寄ったりして私の盾に乗り、お茶子ちゃんのお家へ。
麗日 お茶子
広くは、ないよ?
夜盾
いいのいいの!泊まらせてもらうんだし(笑)
耳郎 響香
ほんとほんと。助かりまーす(笑)
と、そこは広くはないを撤回してほしいほどの家だった。
耳郎 響香
えー!部屋可愛い!
麗日 お茶子
えへへ…事務所が貸してくれてな(笑)
夜盾
素敵ー!!
楽しいお泊まり会の始まりだ!