無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

16
まずまず!感謝です!!
あ!あと謝罪!
最近出せなくてすみません!!
新しい黒バスの小説なんかも出して…(笑)
そのこともあったのにも関わらず!
閲覧が…!
2000越えてました!ありがとうございます!!
凄い嬉しいです!!これからもいいなと思ったらハート!
もっと見たいなと思ったらお気に入りっ!
よろしくお願いいたしますっ!
それでは本編どーぞっ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
切島 鋭児郎
おせーなー。
夜盾
ですねー、まぁあと2分ですし(笑)
切島 鋭児郎
そっか(笑)
現在9時58分。
物凄く気まずい…!!!
どうしよ。言うべきかな…!!
切島 鋭児郎
なぁ、夜盾。
夜盾
は、はい?
切島 鋭児郎
返事…実は決まってんじゃねーか?
夜盾
…え!?
す、凄い…何で知ってんの!?
夜盾
はい。
切島 鋭児郎
だろうなって思った(笑)
え…それって…
切島 鋭児郎
聞かせて?返事。
さっきまで笑顔で話してた切島くんの顔は真面目な顔つきになった。
夜盾
…ごめんなさい!
私は深くお辞儀して、決意を伝えた。
切島 鋭児郎
……だよね(笑)そうだろうと思った(笑)
夜盾
…え…?
切島 鋭児郎
好きなの爆豪だろ?
夜盾
なっ!?はっ!?ちっ!違います!!
切島 鋭児郎
図星か~!
夜盾
ち、違いますよ!
麗日 お茶子
おーい!あなたちゃーん!!
夜盾
はっ!
切島 鋭児郎
お!爆豪~!
爆豪 勝己
静かにしろクソ髪!
切島 鋭児郎
お前が一番大声だけど…(笑)
麗日 お茶子
しーっ!二人ともマジで!バレたら終わりや!
夜盾
うんうん。
我々は一応ヒーローだし、結構有名だからバレたら相当な人だかりができてしまう…。
麗日 お茶子
てかあなたちゃんめっちゃオシャレ!
夜盾
いやいや!お茶子ちゃんこそ!
私は白と水色のTシャツにロングカーディガンとジーンズと肩掛けの茶色のバッグ。


あとマスクもね(笑)
お茶子ちゃんは花柄ワンピースにピンクのパーカーに、赤いブーツと小さい白いリュック。
それに丸いサングラスみたいなのをつけて。
切島くんはキャップにTシャツと迷彩柄のズボンに腰に青いシャツを巻いて、お茶子ちゃんの様なサングラス。
爆豪くんは、ボーダーのTシャツにキャップを反対につけてマスクとメガネ、エムエーワンをはおり、グレーのズボン。
てかめっちゃみんなオシャレなんですけど…!
お茶子ちゃんは髪を少しお団子にしてる(笑)
私は短い髪を少しカールさせ、キラキラの髪飾りをピンがわりにつけた。
切島 鋭児郎
爆豪もカッコいいぞ!
爆豪 勝己
うっせぇ!💢
麗日 お茶子
よーし!はよ行こー!楽しみやなぁ!
夜盾
何から乗る~?
切島 鋭児郎
お、何かあるみてーだぞ?
切島くんがマップを広げて言う。
切島 鋭児郎
『360度回転!最恐コースター』だってよ(笑)
夜盾
絶対イヤだ…
麗日 お茶子
むりむりむりむり。
爆豪 勝己
こっちは?
切島 鋭児郎
お?『ウォーターザコースター』?
夜盾
あれかな?あれならそのめちゃ怖いやつよりいいや。
麗日 お茶子
(゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)
切島 鋭児郎
爆豪ナイス!
爆豪 勝己
っせぇ。行くぞ!💢
切島 鋭児郎
おぉ(笑)
そんなこんなでジェットコースター乗ります(笑)
嫌いなのにぃーーー!