無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

six
爆豪side
スタスタ
ガチャガチャ
俺は鍵を開けて部屋に入る。
盾女をベッドにゆっくり下ろす。
夜盾
っ…ぁ…
酒弱いくせに…飲み過ぎだ。
俺は別にソファーもあるし、布団もある。
夜盾
き…りしまくん…
は…?




意味わかんねぇ。
何で今クソ髪の名前が出てくんだよ。



俺じゃ…駄目なのかよ。
高校ん時は可愛い感じ…だった。
今は綺麗だ。
俺はコイツのことがずっと前から好きだった。
今は襲いたいくれぇだけど。理性保ってる。
正直それくらい好きだ。
明日は休みだ。


寝るか。









そっしてぇー!朝!
はい!あなた目線に戻しまーす!












え?ここどこ?







昨日は同窓会で…?






待て待て!ここどこ!?単純にそこだわ!



バサッ!と起き上がる。
爆豪 勝己
起きたか。メシ作るから座っとけ。
夜盾
…え?
ば、爆豪くん…?
ということはここは…
夜盾
えええええぇぇぇぇ!Σ(Д゚;/)/
爆豪 勝己
っるせぇ!ほら!
コトっとお皿を置いてくれる。
ご飯と、お魚と味噌汁と卵焼き。
いやいやいやいやいや。想像できないよ、料理してるところなんて!
夜盾
あ、あの、私昨日何が…?
爆豪 勝己
あ?飲み過ぎで寝てたわ!クソが!
夜盾
あわわ!すみません!ご迷惑を!
爆豪 勝己
早く食えや!
夜盾
えぇっ?じ、じゃあいただきます!
夜盾
んー!美味しいですっ!((ニコッ
爆豪 勝己
そ、そうかよ!////
夜盾
顔…赤いですよ?か、風邪ですか!?
爆豪 勝己
ちげーよ!
夜盾
あ!美味しかったです!ごちそうさまでした!
爆豪 勝己
仕事は?
夜盾
あ、あります!午後から!
~LINE~
切島 鋭児郎
夜盾起きたか?ファットさん待ってるぞ!
夜盾
ええぇっ!すみませんすみません!すぐ行きます!
戻って
夜盾
爆豪さん!昨日はありがとうございます!朝ごはんまですみません!
爆豪 勝己
帰んのか?
夜盾
は、はい、ファットさんが呼んでて…
爆豪 勝己
じゃあな。
夜盾
えぇっ!?あ!はい!またぜひ!
タタタタタタ
爆豪目線
行っちまったか。なんだろうな。
あいつといると。













調子狂う。







あなた目線
えええぇっ!?あの爆豪くんが!?
なんか優しくね!?意外だなぁ…
うわぁ、切島くんに迷惑かけちゃうや!
急ご!
~LINE~
切島 鋭児郎
焦って来るなよ!ゆっくりでいいからケガすんなよ!
夜盾
はい!気を付けます!
戻って
ふふっ(笑)優しいな、切島くんは!
心配してくれる♪
私は盾に飛び乗り、早めのスピードで大阪へと向かった、
大阪までは盾だと10分くらい。
凄く便利♪
大阪に着いてすぐ事務所へ。
バン!
夜盾
すみません!はぁはぁ、
天喰 環
早かったね…。はい、お水。
夜盾
はぁはぁ、先輩!ありがとうございます…。ハァハァ
ファットガム
おー!ナイト!来た!とにかく今日は資料整理や!みんなで頑張るで!
全員
お、おー!(棒)
**********************
こんちくわでーす!
いや初!男の子目線!(笑)
めっちゃデレデレなのウケる(笑)(笑)
爆豪 勝己
うるっせぇ!💢殺すぞ!💢
ちょ、殺すぞ!?怖い怖い。
少し変だったかも(笑)まぁ、許してください!
閲覧回数やハートくれるかたもいつもありがとうございます!
これからもお願いしまーす!!