無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

Seven
同窓会からしばらく経ち、1ヶ月後。



未だヴィラン連合の動きがない。


相澤先…イレイザーヘッドいわく雄英も警戒しているらしい。もう私達の時みたいにならないように。





そして、事件は起こった。












私はサンイーター先輩とレッドとファットさんで事務所にいた。




急に電話が鳴った。
ファットガム
はい、もしもし?ファットガム事務所やで!
通形 ミリオ
あっ!どーも!すみません!すぐ東京来てくれません!?
ファットガム
お!ルミリオン君か!
天喰 環
ミリオ…?
ファットガム
どうした?
通形 ミリオ
とにかく!早く!確かナイトいますよね?ナイトの個性で!ヴィランです!早く!
ファットガム
分かった!すぐ行く!
ガチャ、ツーツーツー
切島 鋭児郎
ど、どうしたんすか!?
ファットガム
ヴィランや…深刻らしい!行くで!
夜盾
早く外へ!盾で飛ばします!
急ぎで外へ行き、盾で全速力で向かう。




ヴィラン…弔くんもいるのかな…もう傷つけたくないのに…!
全速力でも5分はかかる…
切島 鋭児郎
あ、これ見てください!
とスマホの画面を見せてくる。
そこには…
天喰 環
そ、そんな…
ファットガム
マズイ…
あらゆる建物が崩れていた。倒れている人も数名確認できる。
夜盾
こっ、これどこ…?
切島 鋭児郎
〇〇だ…
ファットガム
あそこは人も多い…避難も難しいんか…!
天喰 環
もう終わりだ…
夜盾
だぁぁ!先輩!ちょっ、こんな時にテンション下げないでくださいっ!
天喰 環
ぶつぶつ…
夜盾
先輩っ!
と、先輩の肩を掴んで
天喰 環
っ!
夜盾
大丈夫ですから!必ず助けるんです!そして倒すんですよ!
天喰 環
…ごめん。気が抜けてた。
ファットガム
よし!気合いいれてこや!
切島 鋭児郎
はい!
夜盾
…え…。
切島 鋭児郎
あれ…なのか…?
もう空からでもわかるほど酷いありさまだった。
ファットガム
急ぐで!
夜盾
はいっ!
と、建物があまりないところで盾を解除して下へ。
すると後ろから…
天喰 環
危ないっ!
夜盾
っえ?
そこには脳無が。
天喰 環
ふっ!
なんとか先輩が助けてくれた。
夜盾
すみませんっ!
天喰 環
いいよ。
ファットガム
どうするか…まず近くにヒーローおらんのか!?
切島 鋭児郎
っお!
するとポケットのスマホが鳴った。
切島 鋭児郎
んあ?もしもし!緑谷か!今どこで何が起こってる!
緑谷 出久
僕もよく…わからないっ!今はリューキュウ事務所が一緒に戦ってるんだけど!
緑谷 出久
まずい…大きいタワーのところの下だ!
切島 鋭児郎
よくわかんねぇけどすぐ行く!
ファットガム
なんやて!?
切島 鋭児郎
そこのタワーのとこっす!
夜盾
急ごう!
ファットガム
そうやな!
向かうと、デク、ウラビティ、フロッピー、その他ヒーローが戦っていた。
するとウラビティの後ろから脳無が。
夜盾
ウラビティっ!
夜盾
『シールドガン』!
シールドガンは盾を最大限小さくして銃のように構えて打つ。
あの脳さえ打てれば…!
夜盾
大丈夫!?
麗日 お茶子
ごめん!
蛙吹 梅雨
マズイわね…!
天喰 環
はぁぁっ!!
と先輩が周りの脳無を蹴散らす。
本当に多い。
緑谷 出久
フルカウル!はぁぁっ!!
天喰 環
デクくん!ミリオは!?
緑谷 出久
先輩は大元の方へ…!
夜盾
それどこ!?私が行く!
蛙吹 梅雨
あっちの方よ!
夜盾
私が…
ファットガム
まちや!ナイト!
夜盾
え!でも、早くしないと!
ファットガム
誰が行くななんて言うた!俺も行く!だから落ち着けや!
夜盾
…はい。すみません!
ファットガム
環ィ任せたで!
天喰 環
分かりました。
フロッピーが教えてくれた方へ向かうと大きな音がした。
ドカーーーーーーン!!!!
夜盾
っわ!
ファットガム
気ぃつけや!
夜盾
盾で防ぎながら行きましょう!
ファットガム
そうやな!
すると誰かが吹っ飛ばされた。
夜盾
わっと!
私は反射的に空へ飛び、助ける。
よく顔を見ると…
夜盾
え…芦戸さんっ!?大丈夫ですか!?
芦戸 三奈
う、うぅ…
ファットガム
ピンキーやな!マズイ…ヒーローが吹っ飛ばされたんか…!
夜盾
とりあいずこの辺で休んでないと…。
ファットガム
いや、いつ瓦礫が落ちてくるかわからへん。盾で避難所までとばせへんか?
夜盾
できます!
プルルルル。






急に電話…。
それは…