無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

記憶の居場所
『…』

『やめてっ!…もうっ…!』

やだ…

『おい!何してる!』

ここから…

『助け…て…』

逃げたい…

『お前なんか…いなければ…』

やめてっ…

『どうせお前は玩具だから』

やめてよ…









[ここに貴方の居場所はない。]

これで…

私は…

解放される…

本当の

自分へと。