無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

私の居場所。 part3
you
you
“笑う”…?
SUGA
SUGA
やっぱり…。
you
you
JIN
JIN
やっぱりってどういうこと?
SUGA
SUGA
多分…コイツは記憶と同時に感情も失ってる…。
J-HOPE
J-HOPE
ヒョン、本当ですか?
SUGA
SUGA
あぁ。
調べてみたから確かだ。
この人達は何を話しているのだろう。

“感情”

私にはそれが無いということ…?

















改めて思う。

この人達は何者で、

なぜ私を助けたのか…
you
you
あの…
JIN
JIN
何?
you
you
あなた達は…何者ですか…?
RM
RM
ヒョン…
言ってもいいですかね…
SUGA
SUGA
JIN
JIN
いいんじゃない?
記憶は無いんだし。
RM
RM
あなた。
俺達は、“防弾少年団”。
“BTS”とも呼ばれてる。
結局は殺し屋なんだけどね。
you
you
防弾少年団…?
BTS…?
RM
RM
そう。
汚い事をして私欲を満たす大人共を始末する。
それが俺達の仕事。