無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

私は誰?part.3
3人は一斉に何かを私に向ける。

JIMIN
JIMIN
可愛いいんだけどね。君。
JIMIN
JIMIN
スパイだったら殺すしかないんだよ。
you
you
あの…
JIMIN
JIMIN
何?
you
you
“スパイ”って何ですか?
you
you
さっき言ってた“Verrat”って何ですか?
V
V
とぼけるな。
you
you
本当に分からないんです。
JUNG KOOK
JUNG KOOK
たとえそうじゃないとしても、これは見ただろ?
“グク”は倒れている男の方を指さす。
you
you
はい。
you
you
あと、“ころす”って何ですか?
JUNG KOOK
JUNG KOOK
はぁ?
馬鹿なの?
V
V
誰かによって命が無くなる。
それだけ。
JIMIN
JIMIN
ねぇ〜
もう殺っちゃおう!
3人がまた何かを向ける。



私は…

死ぬんだ。

でも、何かが私の中で言う。





…死にたくない。



バンッ!

バンッ!
V
V
っ…!
気がついたら、

私の右手には、

“3人が私に向けたもの”があった。

“V”の足からは赤い液体。

よく分からなかった。

JUNG KOOK
JUNG KOOK
ヒョン!
…お前…!
“グク”は私にそれを向ける。
JIN
JIN
はい!
そこまで!
JUNG KOOK
JUNG KOOK
ジ、ジニヒョン…?
J-HOPE
J-HOPE
今の観させてもらったよ〜
JIMIN
JIMIN
え?
RM
RM
案外面白かったよ。
SUGA
SUGA
ちょっといいか。
やけに肌の白い人が私に話しかける。
you
you
何ですか?
J-HOPE
J-HOPE
すごいね。
SUGAヒョンの威圧にも反応しない。
RM
RM
君、面白いね。
you
you
面白い…って何ですか?
RM
RM
え?
you
you
私は誰?