無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

268
2021/08/02

第32話

32












ジェルマ兵が行進しながら城へ入る



ニジ
ニジ
うげ…どんだけ長いんだよ
レイジュ
レイジュ
仕方ないでしょ
調査から帰ってきた兵もいるんだから
イチジ
イチジ
黙ってみれいればいい話だ
つべこべ言わずじっとしていろ
ヨンジ
ヨンジ
……ん?
下で迎えているのはコウジュじゃないか?
ニジ
ニジ
は?わざわざ出迎えか?
レイジュ
レイジュ
…ホントだわ
あのシルエットは間違いなくコウジュね
ニジ
ニジ
…い"っ!?
クローン兵にお辞儀したぞ!?
ヨンジ
ヨンジ
な、何のためにだ…!?
イチジ
イチジ
ふん……
王の子たる威厳がないな
レイジュ
レイジュ
(コウジュに対して余りにも辛辣…
いや…普通なのかしら…?)








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
























その日の夜

IN イチジの部屋
イチジ
イチジ
………
(もうこんな時間か)
イチジ
イチジ
…(明日に響くとマズイ
……寝るか)
イチジ
イチジ
…(寝れない…散歩でもするか)


🚪 ガチャ
イチジ
イチジ
コツコツ

(コウジュこ部屋の前を通る)

イチジ
イチジ
(…まだ起きているのか)
イチジ
イチジ
(出来損ないが何をしているなど
気にもしないがな)
イチジ
イチジ
コツコツ
イチジ
イチジ
…?(ジェルマ兵が決して
この時間までには起きてはいけない定めが
あるが…明かりがついている部屋だと…?)


ドアの後ろで耳を澄ます
イチジ
イチジ
……(こんな時間に何を…)
イチジ
イチジ
っ!?