無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

232
2021/08/02

第33話

33




















IN 部屋の中



? ? ?
ははっ、おいおい
こんな簡単に本命王国の中に入れたぜ??
? ? ?
今日は船Nからジェルマ王国に
足を踏み入れた、記念すべき日だな
ジェルマ兵の格好をした知らない誰かが話している
? ? ?
このままだと楽々役を果たせそうだ笑
? ? ?
はっ、ジェルマ王国も運も尽きたな
俺たちにこれから王国の秘密を
バラされることになるなんて笑笑
? ? ?
とっとと必要な情報をあつめ
トンズラし、ジェルマ王国に
終わりを告げようぜ
? ? ?
だがコウジュがいるぜ?
アイツは俺らの存在に気づいてる
とっくの昔から
俺らを消そうと動きはじめてるはずだ
? ? ?
大丈夫だ、対策済みだからな
そして、その対策は完全となった
? ? ?
対策?なんかあったか?
? ? ?
俺たちはイーストブルーで
コウジュのお世話役を殺し
偽ってる訳だが
? ? ?
その時に俺たちはあえて
違う教育をしたんだよ笑
? ? ?
あぁ、教えるはずのものと
全くの逆、ジェルマが学ばない所だけを
教えたな、傑作だ笑
だがら何のためだ?
? ? ?
いいから最後まで聞けって
それにプラスして幸をそうしたのが
ジェルマ王国特有の暗号を
教えなかったこと…!
? ? ?
さっき他の兵が話しているのが
聞こえたんだが、何やら
イチジとコウジュに中違いが出来たらしい
? ? ?
それとこれのなんの関係が?
? ? ?
考えてみろ実の5つ子という衝撃の
ニュースのもとやってきたやつが
知らなければならない暗号がわからない
? ? ?
それが分かって失望したんだろ笑笑
? ? ?
あの暗号を知るのは
王国に認められた証ともいうからな笑
? ? ?
あぁ、そりゃ失望するな笑笑
? ? ?
ま、教えなかったというよりは
俺らが知らないだけだがな
教えられない、の間違いか笑
? ? ?
しかも王国に認められてない奴が
俺らの存在を今更いったとしても
信頼はゼロ、言っても無駄だろうな笑
? ? ?
つまり、他の奴らにチクられても
俺たちは安全だ笑
? ? ?
だがイチジ以外のヤツらとは
仲が良いときいたぞ?
? ? ?
もし、その相談をしてもイチジが
一蹴りしてくれるだろうよ
本当にありがてぇ笑
? ? ?
勘違いしてくれてる分
本当に動きやすい笑
? ? ?
まぁだが油断はならねぇ
今俺たちが知っているのは
レイドスーツの秘密
? ? ?
後はクローン兵の作る方法を
知ればこったのもんだ
? ? ?
どんくらいかかるか?
? ? ?
……5ヶ月は最低でもかかるな
信用を得ることがまず第一優先だ
? ? ?
ま、大丈夫だろ笑
? ? ?
あーあ、それにしても気の毒だな
コウジュのやつ笑
? ? ?
毎日世話係に暴力を振られ
王族なのに掃除、料理をさせられて
働かされるのに飯は充分にもらえない
? ? ?
ま、飯をあげなかったのは
強くなられたら困るからな笑
? ? ?
教育なんてまぁ俺らが
なんとかなりそうな本をあたえただけだが
頭だけはいいようだな笑
? ? ?
ほんと、不幸なやつ笑
? ? ?
優しさで家族の危機を回避したいが
信頼がない。今言っても無意味だから
信頼を得てから話そうと思っても
俺らのせいで信頼までなくす
? ? ?
ははっ、本当だな笑笑
? ? ?
だが……もし俺らがコウジュに殺されたら
何もかもパァじゃねぇか?
? ? ?
もしものために今日、船Nに
設置していた爆弾をここに移動させた
それに俺たちを殺したとしても仮でも世話係
? ? ?
さらに信頼を落とす結果となる
アイツのこれからにとって
悪い方向に進むだけだ
臆することはない笑
? ? ?
何せ、アイツはちぃせぇ時から
一人ぼっち、これ以上失いたくないんだろう笑笑
? ? ?
それもそうか笑