無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

ジュウキュウ輪。
ジョングク
ジョングク
ヌナが事故に遭う前から、ヒョンの態度はおかしかった。



ポツリ、ポツリと糸を紡ぐようにゆっくり話し出すグク。



ジョングク
ジョングク
...狂気に満ちた目。
ジョングク
ジョングク
ヌナを見る目だけが、皆とは違ってました...


思い返せばそれ以外にも不審な点は幾つかあった。







______なんで気づかなかったんだよ...




ジョングク
ジョングク
...それに...実は俺、昨日見ちゃったんです。


涙ぐみながら俺の方をみる。

ジョングク
ジョングク
テヒョニヒョンが...昨日、誰か抱えながら家に入っていく、ところ...
ジミン
ジミン
!!それっ!本当なのか!?


衝撃の事実に身を乗り出し問うと





グクはコクリと首を縦に振った。







バラバラだったパズルのピースが今。









組み合わさった気がした。









そのパズルはできれば存在しないで欲しかった。







俺が何も言えずに呆然としていると目の前にいるグクは







荒々しく涙を服の袖で拭き取り、口を開いた。








ジョングク
ジョングク
俺が、ヌナを連れ戻します。





その言葉には一切の迷いも感じられなかった。