無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

ジュウヨン輪。
ピョンテシーン入ります。

苦手な方は飛ばしてください。

大丈夫だよって方は期待しないでください。((え

______________________________



いきなり私の腕を掴んでそのままくるっと




体を反転させられ、テヒョンに押し倒されている態勢になる。



You
You
テ、...   テヒョンッ...??
テヒョン
テヒョン
どうして...?そんなの決まってるじゃん。分かるでしょ?
You
You
分かんないから聞いてr...んッ



喋っている口をテヒョンの唇で塞がれる。
You
You
...んッ、んんッ!!...


長い口づけで息ができなくなって




テヒョンの胸をどんどんと叩くが




それも虚しくさらに唇を食まれる。




You
You
...はッ......な...!!



離してと言うために少し口を開くと



待ってましたと言わんばかりに勢いよくテヒョンの舌が入ってきた。



舌が絡みつき、下の方が変な気分になる。



快楽と息ができない苦しさで意識が朦朧とする。





______そして私はまた意識を手放してしまった。