無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ジュウイチ輪。
You
You
.....ん.......ッッ
目が覚めゆっくりと起き上がろうとする。




しかしいつもより起きずらく感じた。





なにこれ。手に、なにかついてる、、






______手錠...??






周りを見渡して見るが、全く見覚えのない部屋。





窓は1つもなく、ドアはかけ離れたところに1つ。




真っ白で統一されていた。








怖い。




こわい。





コワイ。
You
You
ここは.....??



その時、ゆっくりとドアが開く音がした。




ドアを開けた張本人を見て私は固まってしまった。




テヒョン
テヒョン
...おはよう、あなた。


なんでなの。




あなたは私の幼馴染であり親友なんでしょ、、?




やっぱりあの時気のせいだと思ったのは




見間違いじゃなくて、





本当のことだったんだ...
You
You
ここはどこなの?
______テヒョン。