無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

ベストアーティスト
あなたsaid








なんやかんやで、楽屋に到着!







『ただいま!』
重岡「おう、お帰り…って!」
中島「プリンセスとプリンスの登場です!」
小瀧「いや、まだ許可取ってないっすよね?」
中島「予定だから!」
小瀧「許可する予定はありません!」
中島「うわーお!ガードが固いんだね! まるでロミオとジュリエットみたい!」
『健人、大丈夫?』
中島「ツンなとこも好きだよ、姫♡」
『語尾にハートが見えた笑笑』
重岡「あなたを迎えに行ってくれてありがとう、」
中島「いーえ!姫のためなら!」
重岡「ほな、グループの打ち合わせあるから!」
中島「また来るね姫♡」
小瀧「来なくていいわ!」
『健人、ありがと』
中島「好き♡」
小瀧「おい!」
中島「じゃーね、頑張って!」
重岡「おう!」





結果、優しいけんてぃーでした!






小瀧「次から俺読んでな!」
『別に健人も読んだわけちゃうし』
小瀧「そうなん⁉︎ 」
『おう、』
小瀧「よかったーーー!」
『おう(?)』










中間「あなたー、小瀧ー、振り付けの確認するで!」
『はーい!』
小瀧「はーい」


あら、嵐さんのGUTSじゃないの⁉︎

この曲スキー




『なあなあ、頑張ろな、』
桐山「あったりまえやろ!」
神山「いつでも真剣にな!」
藤井「ここで円陣組むん?なんか早ない?」
重岡「空気読めやぁ!」
藤井「ごめんごめん笑笑」
中間「とりあえず、いつも本気でやろ!」
小瀧「淳太、足引っ張るなよ」
中間「なんで俺だけ⁉︎」



?「俺らの曲台無しにするなよ!笑笑」
『⁉︎ もしかして…!』
松本「嵐の松潤でーす」
中間「こんにちは…! よろしくお願いします!」
松本「よろしくー」
藤井「やばいやばい
松本「あれ?桐山太った?」
桐山「太ってないです!」
松本「あれ?あなた太った?」
『太ってないです!』
松本「笑笑 頑張ってー」

全員「ありがとうございます!」



嵐のように来て嵐のように去るんやな


ま、いつもどーりか!












藤井「よーし!みんな頑張ろな!」
『それさっき、俺が言うたやつ!』
藤井「そーやっけ?」

中間「あ!リハの時間らしいで!」
全員−中間「はーい」