無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

ギターを弾きたい!
あなたside














ねぇ、楽器弾ける人っていーよなぁ










私も弾きたい!←トランペットは吹けるんやけどな☆













って事で、あの人のとこ行きましょ


























『まざかどーーーーー!』

正門「うるさいわ!」

『まさかどぅじゃん!」

正門「さっきからちょこちょこ間違えるのやめてや!」

『あはは、ごめんごめんヨッシー」

正門「それはマリオ」















今日もツッコミキレあるな!笑笑













さっすが!























正門「で?どうしたん?」

『あぁ、ギター教えてほしいなって』

正門「いきなり⁉︎」

『おう』

正門「ほな、やろーか」

















正門「そこ座って」

『ありがとう』

正門「でもさ、今日滅多にないオフなのにギターの練習に使っていいの?」

『正門はアホやな、オフだからやるんや!』











〈練習〉











正門「お前、飲み込み早いな」

『それだけが取り柄なんで」

正門「ちょっと休憩しようや」

『おん!』







『これ、駅前のケーキ買ってきた』

正門「まあまあ有名なやつやん!」

『そうそう!ヒルナンで照史が食べてて美味しそうだったから正門と食べようかなって』

正門「ありがとう、嬉しいけどさ…誰にでもそーゆーこと言ってんの?」

『言わへんよ! だってさ、そこら辺の人に言ってみ?変な顔されんで笑笑』

正門「そーゆーことやないんやけどなー…

『なんか言うた?』

正門「幻聴が始まったんか…この際は濵ちゃんと一緒に休んだら?笑笑」

『お前、ガムテープで口貼るぞ?』

正門「剥がす時ヒゲが抜けてシュールに痛いやつやん!笑笑」

『察しがいいな笑笑』






















ギターちょっと弾けるようになりました!















あとは神ちゃんにも教えてもーらお!















ありがとぅー、まさかどぅー












正門「俺の名前で遊ぶな!」