無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

バラエティー
あなたside











少クラの次はとあるバラエティーに出ます!







スタジオ入り

『よろしくお願いします!』










あ!あれって…!










『風磨やん!』
菊池「え⁉︎あなた?」
『まじかー…』
菊池「すげー嫌そうだなおい」
『嫌やけど、良くもないっていうか』
菊池「結局嫌じゃんww」
『って見せかけて、けんてぃーよりいい』
菊池「廊下でお姫様抱っこされたんだっけ」
『うん、ばりくそ恥ずかった』
菊池「中島あなたのこと好きだからな」
『いつも愛が重すぎるのを感じる』
菊池「よかったじゃん」
『いや、よくねーよ笑笑』









ふーまは話しやすいなぁ










俳優A「あ!あなたちゃんいるじゃーん!よろしくね!」
『こんにちは!よろしくお願いします』
俳優A「今日も可愛いね♡」
『いや、そんな事ないです』
俳優A「今日も頑張ろうね!」
『はい』










菊池「あいつ絶対あなたに気があるじゃん」
『ないって』
菊池「ふーん、まあ気をつけなよ?」
『おう』













































番組終わり



俳優A「あなたちゃーん!今日も可愛かったよ!」
『ありがとうございます!』
俳優A「もう暗いしさ帰り送るよ家どこ?」



すっげーこいつ
俺に話す隙与えへん






『大丈夫です、一人で帰れますから』
俳優A「一緒に帰ろって!俺の助手席空いてっから」
『その席は彼女のためにとっとき?』
俳優A「じゃあ、」




しつこいな







俳優A「俺のかのzy…」
菊池「あなたー帰んぞ」










ふーま!











菊池「あなたのお母さんが一緒に帰って来いって」
『ほんまに?さんきゅー』
俳優A「菊池さんとあなたはどういう関係?」
菊池「あー、仲のいいダチってとこっすかね」
『なんでも話せるしな』
菊池「ま、要するに俳優Aよりはお互いに知ってるってことっすね」

俳優A「…あなたちゃん、気をつけて帰ってね」
『ありがとうございます、それでは』





























菊池「ほら、気をつけろって言ったじゃん」
『まさかここまでしつこいとは』
菊池「なんか俺に言うことあるでしょ」
『よくあんな嘘つけたね』
菊池「お前の親事情みんな知ってるかと思ってた」
『俺も』
菊池「レア人見つけたな」
『ずいぶんな世間知らずだよあの人』
菊池「今後も気をつけろよ?いつも俺がいるとは限らないし」
『はーい、ありがとう』
菊池「最寄り駅まで送ってく」
『さんきゅ』







































ちゃっかり家まで送ってもらいました

ふーま、ありがとう