無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

(キューピットは本)green
それから真面目に勉強しなくなった
















『ねぇねぇ!今日タピオカ行こ!』

A「え!本当に⁉︎行こ行こ!」

『あと、原宿寄ってかない?』

A「ナイスアイディア!」

『放課後が待ち遠しいよお!』

A「本当にそれ!ってか、あなた勉強は?」

『諦めちゃった☆』








神ちゃん、聞いてないよね…








A「ふーん、大学変えんの?」

『うん!もっと低いとこにしよーかな』

A「神山君に言った?」

『えー?なんでいう必要があるのさ』

A「だって、神山君追いかけてここまで勉強したんじゃん」

『それはそうだけど…』

A「もう神山君と一緒に大学行きたくないの?」

『今は薄れたかな…』

A「私もさ神山君と同じ大学狙ってるのね、なんでかっていうと…ちょっと耳貸して」




なんだろう…

























A「私、神山君のことが好きだから」



























え?

Aも神ちゃんのこと好きなの?

























『そうなんだ!頑張って!』









やばいちゃんと笑えてる?


















A「うん!頑張る!」






















『あのさ、とっても言いにくいんだけど、今日用事あったわ』

A「そっかー、タピオカと原宿無理っぽいね、今度行こ!」

『うん、ありがとう』




















友情も恋も諦めた方が良さそうです