無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

少クラ
神山said













おぉ!HiHiJetsかー 絡んだことないな






コンコン






木下「やほほほほ」

いや、どんな挨拶?笑笑

『ジャニーズWESTの神山と木下です』
井上「あなたと神ちゃんだー!」
木下「みじゅきおひさー!」
井上「おひさー!」
『あれ?2人仲よかったん?』
木下「うんうん!ね?みじゅき?」
井上「そうなんですよ」
木下「少クラで仲良くなったよね?」
井上「そうそう!」

ちょいちょい、顔広すぎやし仲良くしすぎやない?


高橋「神山くんとあなたじゃないっすか!」
『高橋くんか! 今日はよろしくお願いします』
高橋「そんなそんな!こちらこそですよ」
『そういえば、高橋くん今私服?』
高橋「はい!」
『噂通り、ストライプにストライプやね』
高橋「へん、ですかね…?」
『びみょおおおおおおにな笑笑』
高橋「神山くんはおしゃれっすよね」
『奇抜ってよう言われるけどな笑笑』
高橋「あのー、でも、カッコいいです」
『めっちゃ無理しとる笑笑』
高橋「そんなことないですよー!」
          






神ちゃんとゆうぴが話している間





木下「元気にしてた? 体調とか気をつけとる?」
井上「あのな〜、俺の方が大人やから!」
木下「一歳差やろ?」
井上「学生と社会人の差ですー」
木下「一歳差やん」
井上「2人で張り合ってるうちは2人で子供だね」
木下「せやな笑笑」
井上「そういえば流星くんは?」
木下「楽屋で寝とる笑笑」
井上「あー、流星くんだね」
木下「?おん、」

木下「とりま、今日はよろしく!」
井上「うん!」


あれ、猪狩くんは?







猪狩「おーーーーーーーーい! 話に混ぜてよ!」
木下「ごめん笑笑 やっぱ、ガリさんはガリさんやな笑笑」
猪狩「なんかムカつく」
『ごめんなぁ』
猪狩「神山くんはいいですよ、問題はこの3人です」
木下「なーんでなーん?」
猪狩「悪意あったから」
木下「そ…そんなことはないよ、ね?みじゅき?」
井上「うん!当たり前だよ…!がりさん」
猪狩「嘘っぽすぎるんですけどー」
高橋「あなたがいうんだから…」
猪狩「手作りプリンで許す」
木下「市販のzy」
猪狩「手作り!」
木下「うぃー」




そうやってガヤガヤして…






『じゃ、またステージで会おうや!』
木下「なんか、カッコええな笑笑」
井上「ばいばーい!」
高橋「頑張りましょー」
猪狩「あなたぜってー、忘れんなよ?」








ニコニコしながら手を振るあなたを見て、



























あなたが手の届かないとこに行きそう






























そう思った
だから、































『あなたはジャニーズWESTにとって欠かせない存在やな』













って言ってみた









そしたらあなたは


















「そんなのは神ちゃんも流星もだよー!」



















って言った





























作者です!









主人公設定について
家は大阪と東京に一個づつあります