無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第84話

ドッキリGP
あなたside








どこ行くん?




東野「おぉ!あなたちゃん!」

菊池「早く来て!」

向井「あなた!早く!」

『はーい!(走る)』

向井「こっちに座ってー」

『おう、』

東野「さっきまでずっと見てたよー」

『え⁉︎ほんまですか?』

東野「本当に!」

菊池「面白かった」

『なんで俺だったんすか?』

東野「本当に木下あなたはいい人なのかっていうやつ」

向井「結局あなたはいいやつだったってことっすね」

『ありがとうございまーす』

菊池「うわー、照れてる」

東野「じゃ、このまま番組の最後までいてください」

『はい!』
















初めてのドッキリ…!

楽しかったー!


































スタッフ「カットでーす!以上で撮影終了です!」

『ありがとうございました!』

東野「ありがとうございました お疲れ様でした」

菊池「ありがとうございました」

東野「いやー、ジャニーズは面白いねー」

菊池「ありがとうございます」

『ふーまのやつ地上波で放送していいの?笑笑』

向井「若干ライン超えてません?」

菊池「それ、俺に言わないでくれる?笑」

向井「嫌だったら俺に回してくださってもいいんですよ」

『康二がふーまのやつやったら泣いてそう』

向井「そんなことないしー」

『 「もうやめてくださいよぉ〜」って言ってそう笑笑』

向井「なんか否定出来ひん」

『ね!ふーま?』









菊池「あ!ん?」











なんだ?今の間












『いや、康二がふーまの仕事やったら泣いてそうやねって話!』

菊池「そうだね」

向井「やっぱダメっすかね…」

『大丈夫!康二にはこれからがあるって!』

菊池「なにそれ、俺にはないってこと?」

『……………』

菊池「そうなんだな」

『でさ!…』

菊池「話変えんな!」









楽しいドッキリでした!