無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第79話

カウコン後
あなたside










カウコン後は私の家でメンバーで飲むんじゃ











全–木下「お邪魔しまーす」

『はーい』

重岡「うわー、意外と綺麗に敷いてるんやな」

『意外となんじゃ』

中間「1人にしては広すぎん?」

『そーかな、』

小瀧「あなたの匂いがするー」

『だって私の家やもん』

濵田「あなたーここ座っていい?」

『あー、おけおけってか足痛いのに立たせたままにしてごめん』

濵田「大丈夫やでー」



神山「流星!ジュース今日はこぼすなよ」

藤井「あなたの家やし、気をつける」

神山「なんだ、俺の部屋はどーでもいいってこと?」

藤井「違う違う!そーゆーことじゃないって」















みんなで座って、let'sたこぱ!





『いやー、今年もよろしくお願いします』

中間「よろしくお願いします」

神山「のんちゃん、年男やっけ」

小瀧「そうやなー、もう24か」

桐山「20過ぎたらあっという間やで」

藤井「俺らももうそろそろおっさんになるんか」

桐山「みんなにさ、おっさんグループや!って言われんようにせんとな」

重岡「でも、俺若く見えへん?」

『あー、しげは若く見えるかも』

神山「確かにな、」

濵田「それ言うなら神ちゃんだって若く見えへん?」

中間「神ちゃんはいける」

『身長的にもな、』

神山「あなたよりは高いし!」

『たかが7cmやろすぐ抜かすって』

桐山「現役高校生やもんな」














あれ、たこ焼き…

















『もうそろそろちゃう?』

小瀧「そうやな」

中間「今日のたこ焼き担当はのんちゃんか」

小瀧「今、残念そうに聞こえたんやけど!」

重岡「争う前にはよ焼けや」

『のんちゃん、もうそろそろじゃない?』

小瀧「はーい」







ふぉ!さっすがのんちゃん!








濵田「美味しそ〜」

神山「いただきますしよっ!」

中間「じゃ行くで、i…」

『いただきます!』

全「いただきます」









お腹ペコペコやってん







一口m…


















\ピーンポーン/














誰やねん!こんな時に!

















神山「あ、俺行ってこようか?」

『いいよ、私行ってくる』

神山「お願いしまーす」








『はーい』