無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

意外な人
 『はぁーい』
?「すみません!隣に引っ越してきたもんなんですけど…」

あれ?この声はもしかして…!































『じーこ?』
向井「え⁉︎俺のこと知ってるんですか?」
『ちょっと待って!今ドア開けるね!』

パニックパニックパニック

『ジーコだよね!』
向井「⁉︎あなたやん!」
『え!偶然!うちの隣なん?』
向井「そうそう!」
『今日から住むん?』
向井「うーん…今日は家具を揃えて明後日くらいからになると思うんやけど…」
『そうなんやー!それまではどこに住むん?』
向井「ホテル!東京来た時からちょこちょこお世話になってるとこがあんねん」
『せやったら、俺ん家泊まる?』
向井「は⁉︎」
『いや、お金もったいないやん』
向井「別にええし!」
『俺とお前の仲やし』
向井「あなたはいいん?」
『全然よきよ』
向井「ありがとうございます!」
『全然!合鍵渡しとくなー』
向井「ありがとう!」
『これから仕事やからさ!』
向井「少しの間お世話になります!」
『おう!』
向井「夕ご飯は?」
『適当に食べてていいよ』
向井「一緒に食べたい…」
『10時まで待てる?』
向井「おん!作って待っとくな!」
『よろしくー!ほな、仕事行ってくるわ!』
向井「はーい!頑張ってきてー」
『おう!行ってきまーす!』
向井「行ってらっしゃい!」








引っ越してきたの康二やったんかぁ…
安心やなぁ

今日も頑張ろ!









ってか、話のネタが1つ増えたわ笑笑