無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

ある日の休日
あなたside







あ!神ちゃんもうおる!














『遅くなってごめん』

神山「ちゃうって!俺が早めにロケ終わってん」

『そうなんや、焦ったわ』

神山「ごめんごめん」

『れっつごーしよ!』

神山「おん!」











神山「何処のタピオカにする?」

『ご●ちゃがええなあ…』

神山「えーよ、あなたご●ちゃ好きやったっけ?」

『いやあ、私タピオカの会社とか詳しくないんよお』

神山「え⁉︎以外や!仮にもJKやん!」

『なんか一言余計な気がすんねんけど、スルーしとくわわら』

神山「そういえば、体調は?」

『校長先生』

神山「はい?」

『よくさ、校長先生絶好調って言うやん?』

神山「おん」

『それ、』

神山「ちょっとよう分からんけどスルーしとく」















久しぶりの原宿はたのすぃ!





でもさ、歩いてるとさ、神ちゃんの髪色的に目立つんだよね

















『ねえねえ、視線感じない?』

神山「バレとる感じ?」

『神ちゃんの髪の毛でフラグが立ってる感じ』

神山「うそ⁉︎ごめん」

『いーのよ、いーのよ、この感じ嫌いじゃない』

神山「ありがとう?」

『どういたしまして?』






見物されるならまだしも…









神山「なんかさ、写真撮られてない?」

『やっぱ、神ちゃんも感じた?』

神山「うん」

『私もアイドルの血が騒ぐ感じした』

神山「どんな感知のしかたしてんの?笑笑」

『写真撮らんといてって言う?』











プライベートくらいゆっくりさせてくれ

ほんまに鬱陶しいな…







神山「でm…」









『はいはーい!みんな写真だけは撮らんといてなー!お金巻き上げちゃうぞ!話しかけるなら1人10秒ねー!』

神山「あなた…!」





でも、こんな注目されてる中に「話したいです!」って言う勇気を持ってる人はいなく…












『お?じゃ、誰もいないって事で解散!』








みんな案外散ってくれたわら