無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

撮影
あなたsaid



神ちゃんとワイワイしてたら楽屋にとーちゃく!














ガチャ (楽屋のドアを開ける)










『一番乗りやな!』
神山「そうみたいやね!」
『神ちゃんと来るとあっという間やったわ』
神山「俺もー」
『今日はM誌の撮影かー」
神山「P誌もあるで!」
『今日は盛りだくさんやな!』
神山「今日も!」
『そうかそうか笑笑』



神ちゃんと話すんは楽しーな



小瀧「いっちばあああああああん!」
『残念でしたー』
小瀧「えぇ⁉︎珍しい組み合わせ!」
『そうかな?』
神山「そんなことないと思うで」
小瀧「なんで2人なん?」



『……デート♡』
小瀧「はぁ?」
神山「楽しかったもんなー?」
『うん!』
小瀧「デート?誰かに許可もらった?」
『何で許可取らなあかんねん!』
神山「嘘やって笑笑」
小瀧「ほんまに?」
『うん』
小瀧「なら良かったわー」













いや、そんなに安心されるとこれからお出かけできひん










中間「こんにちはー」
重岡「ういーっす」
中間「こんにちわやろ!」
重岡「こんにちうぃー」
桐山「おつかれー」
中間「はぁ…」
桐山「あれ?淳太くんどうしたん?」
中間「重岡がうざい」
重岡「なんでそんなこと言うん⁉︎」





『ドアの前でごちゃごちゃせんといて!笑笑』





重岡「(あなたのマネして)ごちゃごちゃせんといて!」
中間「ほぼお前のことやろ」
桐山「うひひ!」



賑やかやなほんまに



『そういえば流星は?』
神山「ここに寝てるで」
『気づかんかったわ』









今日のペア割どんなんやろ