無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

少クラ
あなたsaid









ねぇ、もし登場して誰もキャーって言わんかったらどうしようわら
一週間くらい立ち直れそうにないぞわら



藤井「緊張するなぁ」
神山「久しぶりやからね」
『少クラで緊張すんの何年ぶりやろ』
藤井「おし、行くか」
神山「あなた行ってくるわ」
『おう、ぶちかましてこい』
神山「あなたもな!」














おぉ かっこいいこと







神ちゃんギラギラしてカッコいいし流星は余裕が有り余ってる大人みたいでカッコいい



















もう終盤やんけ、早いな
















行ってこようじゃないの





































結構よかったんじゃね?















トーク


河合「それでは改めまして、ジャニーズWESTの木下あなたちゃん、神山智洋くん、藤井流星くんです!」
『いえーい』
神山「ありがとうございます」
藤井「(手振る)」
永瀬「お久しぶりです!」
『え?さっき会ったやん』
永瀬「それ言っちゃいけないやつ」
『あ、すみませんカットで』
河合「永瀬はこの3人と仲いいんだよね?」
永瀬「そうっすね、Jr.の頃からお世話になってて」
神山「この前、一緒にご飯行ったよなー?」
永瀬「そうっすね、流星くんにも奢ってもらったり」
河合「結構仲いいじゃん、それでは3人のJr.活動をVTRにまとめましたのでそちらをご覧ください」

うわ!懐かしい!
神ちゃん幼いやん、かわええなぁ
流星も整っとるし
照史わら

河合「さぁ、Jr.の頃を振り返ってもらいましたけどなんか思い出ありますか?」
神山「やっぱ、あなたが可愛いかったすね」
『うん?可愛かった?』
神山「!今もやけど昔も可愛かったっすね」
『照れるぅー』
藤井「やっぱ、結構デビュー前から長くいるので顔の変化に気づかなかったけど振り返るとめっちゃ変わってるなって思いましたね」
河合「そうだね、流星、前髪かっこよかったね笑笑」
藤井「いじってますよね?」
河合「そうじゃないって!」
永瀬「あなたはある?」
『うーん…若かったなぁ』
河合「いや、まだあなたちゃん若いっしょ」
『まだ、ね、』
永瀬「まあ、時の流れは早いからな」
『うんうん、大切に生きようって思った』
河合「あなたちゃん本当に18歳?」
『実は…これ着ぐるみなんよわら 背中のチャック開けたらおっさんでてくんで』
神山「やめとき?笑笑」
永瀬「嘘はよくないな、皆さん誤解してまうから」
『すみません』

河合「それでは、今日は素敵なパフォーマンスをありがとうございました」
3にん「ありがとうございました!」


















『楽しかったな!』
神山「そうやね!」
『じゃ、先帰るけど流星頑張ってな』
藤井「おう、」
神山「康二によろしくね!」
『よろしくー!』
藤井「おう、」

















少クラはアットホームな感じするな