無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

ある日の休日
あなたside










もう家出る時間や!

行ってきまーす!







電車で10分くらいやし、立ってよ…




あなた
あなた
かみちゃーん
神山
神山
どした?
あなた
あなた
あと10分くらいー
神山
神山
りょーかい!
神山
神山
着いたら教えてな
あなた
あなた
おん!





〈電車内〉



女子高生1「ねぇねぇ、あそこにいる人ジャニストのあなたちゃんに似てない?」

女子高生2「ほんとだ!話しかけてみる?」





あれれ?変装完璧やったのに…

ってか、私服女子っぽいやつやん!

私のキャラがああああああああ




やめて、話しかけんといてわら










女子高生2「あの〜」







うわああああああああ来たああああああああああああ







『はい?』



女子高生1「ジャニーズWESTのあなたちゃんですか?」

『……うん、あんまり大きい声出さんといてな笑笑』

女子高生2「え、本物ですか?」

『本物です笑笑』

女子高生2「うそ!!やばい可愛いですね」

『休日は女子っぽくてすみません』

女子高生1「いやいや、ギャップがあって可愛いです」

女子高生2「顔小さいし脚長いし細いし可愛いし……」

『ありがとう、めっちゃ照れます』

女子高生1「写真撮りませんか…?」

『あー、ごめんね、事務所的にNGなんよ』

女子高生1「そうなんですか」

『あと、目撃情報もあんまり流さんといてな』

女子高生2「分かりました!」

『ありがとう』

女子高生1「どこで降りるんですか?」

『原宿だよ 2人は?』

女子高生2「私たちも原宿です」

『そうなんや、お互い楽しもうね!』

女子高生「はい!」

女子高生2「誰かとお出かけですか?」


『うーん…内緒』



女子高生1「あ、体調大丈夫ですか?」

『うん!ありがとう!』

女子高生2「あ、もう駅着いちゃいましたね」

『ほんまや 話せて楽しかった!ありがとう!』

女子高生1「こちらこそありがとうございます!」

女子高生2「お仕事がんばってください!」

『ありがとう!じゃーね!』

女子高生「さよならー!」























顔バレって案外悪くないなわら



めめくん(SnowMan)の気持ちが分かるわ




待ち合わせまでもうちょっと