無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

木下!ピンチだよ!
小瀧side













やっほー!みんな大好きのんちゃんだよ
今日は東京の方でダンスレッスンですね
でも、みんな見て?
あなたの元気があるんだけど、体調悪そう




まあまあ、こののんちゃんがあなたを癒して差し上げましょう










『あなたー』

木下「なあに?」

『休んどき?』

木下「なんでなん?」

『体調悪s…』

木下「気にしてくれてありがとう、やけど、まだまだいけるからヘーキやで」








意地はってますねあいつ
でも、どんどん体調悪くなってっとる





ふらふらしとるし…








重岡「あなた大丈夫?」

桐山「ふらふらしてんで?自分」

木下「心配してくれてありがとう、まだ限界やないねん」

神山「限界の前に休まなあかんで」

木下「もうちょいやってから」






とか言いつつめっちゃふらふらしとる
なんか…









『みんな心配して言うてんのになんなん⁉︎』

木下「え?」

『体調悪いならはよ休めばええやん、取り返しのつかない事になっても知らんで』

木下「でも!この仕事をやってるのは私の意志やから中途半端にしたくないねん!」

神山「2人とも…!」

『中途半端にしないために休むことも必要やろ』

木下「休んでる暇があったら何かファンのために動きたいって思わんの?」

『ファンも大事かもしらんけど、自分のことも大事にできない奴がファンのこと大事にできんの?』

中間「小瀧…!あなた…!落ち着け!」

木下「のんちゃんの言う事に否定はできひんけど、俺は一分一秒無駄にしたくないねんはよ練習しよ」

『なにそれ?逃げてるん?』

木下「逃げてないし」

『あーもうあなたと話してても腹たつだけや』

木下「俺やって腹たっとるわ」

『もう知らん、勝手に練習しとけ』

木下(部屋を出る)








俺は忠告しただけや
みんなの心配を踏み潰したあっちが悪い











そう思ってるはずなのに









































心の隅であいつの体調を気にしてまうのはなんで?